ヤマハ、自身初のインナーイヤー型でクリアボイス機能も特徴とする完全ワイヤレスイヤホン『TW-EF3A』

YAMAHA_TW-EF3A_01.jpg


海外で見かけたヤマハのイヤホン「TW-EF3A」。
TW-E3C」以来の新製品となる完全ワイヤレスイヤホンは自身初となるインナーイヤー型で、同社の製品ではおなじみの”TRUE SOUND”やリスニングケア機能、それに完全ワイヤレスイヤホンでは初となるであろうクリアボイス機能も特徴としているモデル。海外では既に出回っているようです。

【公式サイト】TW-EF3A - Overview - Headphones & Earphones - Audio & Visual - Products - Yamaha



YAMAHA_TW-EF3A_02.jpg


YAMAHA_TW-EF3A_03.jpg


YAMAHA_TW-EF3A_04.jpg


YAMAHA_TW-EF3A_05.jpg



通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:最大10時間、充電時間:約2時間、ドライバー:13mm径ダイナミック型、防水性能:IPX4、重量:5.9g、快適な装着感を実現したインナーイヤーデザイン、独自の技術を融合させて唯一無二の音を伝える”TRUE SOUND”、音量に合わせて音のバランスが最適になるように補正するリスニングケア機能、音声の帯域を引き上げてボーカルを聞き取りやすくするクリアボイス機能、マルチポイント対応、ゲームモード搭載、最大26時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイト・グリーン・ピンクの4色、主な仕様・特徴は以上。

価格は既に出回っている地域だとTW-E3Cより2割近く安い設定。前作のTW-E3Cでもアプリ対応だったのに1年以上の時を経て登場した今作が非対応なのはちょっと腑に落ちませんが、おなじみの”TRUE SOUND”やリスニングケア機能は健在ですし同社のサウンドバーで好評のクリアボイス機能を完全ワイヤレスイヤホンに搭載してきた新たな試みは要注目。そういう新要素があるなら一つ出しただけで動きがピタッと止まるのも考えにくいので、次なる新製品にも注目ですね。