XROUND、PCやゲーム機で使えるaptX HD/aptX LL対応のBluetoothトランスミッター『XT01』

XROUND_XT01_01.jpg


海外で見かけたXROUNDのレシーバー「XT01」。
AERO (TWS)」と共にクラウドファンディングサイトで取り扱いがはじまっていたBluetoothトランスミッター。PCやゲーム機で使えるUSB接続で高音質・低遅延が期待できるaptX HD/aptX LLコーデック対応を特徴としているモデルです。

AERO 真無線藍牙耳機|世界最快!零感延遲技術 X 臨場環繞音效 | flyingV
https://www.flyingv.cc/projects/26447





XROUND_XT01_02.jpg


XROUND_XT01_03.jpg


XROUND_XT01_04.jpg


XROUND_XT01_05.jpg


XROUND_XT01_06.jpg


XROUND_XT01_07.jpg


XROUND_XT01_08.jpg
(via cool3c/eprice)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP、コーデック:aptX HD/aptX Low Latency/aptX/AAC/SBC、通信距離:15m、インターフェイス:USB Type-C、公開されている仕様は以上。内容物はBluetoothトランスミッター本体・USB-C/USB-A変換アダプタ・アナログマイクの3点。通常の価格設定は1,990ニュー台湾ドル(約7,200円)、クラウドファンディングサイトでの価格は990ニュー台湾ドル(約3,600円)。

同類のBluetoothトランスミッターはクリエイティブの「BT-W3」が既に日本でも発売されていて、スペックや内容物はほとんど同じですし出荷時期や一般販売はAEROと同じく先の話ですから、あえてこれを待つ必要もないかなというのが正直なところ。製品情報を見るとAEROと組み合わせれば50msの低遅延は間違いなく実現するみたいに謳っているので、完全ワイヤレスイヤホンの方を検討しているのであれば一緒に買った方がいいかもしれませんね。




エックスラウンド(Xround)
売り上げランキング:33