XPPen 『ACK05』 レビューチェック ~様々な用途で使えそうなワイヤレスの薄型キーパッド/左手用デバイス

XPPen_ACK05_01.jpg


2023年3月に発売されたXPPenのキーパッド「ACK05」。
ペンタブ・液タブのメーカーとして知られるXPPenがそのアクセサリとして出したワイヤレスのキーパッド。10キー+ホイールの構成でソフトウェアにてカスタマイズも可能と様々な用途で使えそうなものですが、ちょっとチェックしてみます。

ack05 ショートカットリモート ワイヤレス接続 or 有線接続両方対応の左手デバイス | XPPen公式ストア
https://www.storexppen.jp/buy/ack05_shortcut_remote.html



画像


XPPen_ACK05_02.jpg


XPPen_ACK05_03.jpg


XPPen_ACK05_04.jpg


XPPen_ACK05_05.jpg


XPPen_ACK05_06.jpg


XPPen_ACK05_07.jpg


XPPen_ACK05_08.jpg


XPPen_ACK05_09.jpg


XPPen_ACK05_10.jpg
(via naver/twitter)

製品仕様


キースイッチ:パンタグラフ
キー数:エクスプレスキー10個+ローラーホイール
通信方式:2.4GHz/Bluetooth 5.0
バッテリー:内蔵(1000mAh)
電池寿命:約300時間
インターフェイス:USB Type-C
サイズ:127.55x70.49x10mm
重量:75g


メディア・レビューサイト


XPPen、5,000円台のホイール付き左手用デバイス - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1485220.html

 【XPPEN ACK05レビュー】液タブ左手デバイスとしての実力 - Pentablet Club
https://pentablet.club/xppen-ack05review

【XPPen ACK05 レビュー】おすすめ格安左手デバイス【ブログ作業効率化ガジェット】 | FumiのLIFE WORK
https://fumi-blog.xyz/xppen-ack05-review




パンタグラフスイッチ採用の薄型デザイン、向きを気にせずに使用できる多方向レイアウト、カスタマイズ可能な10キー、快適なタッチを実現した高感度メカニカルホイール、4パターンまでの機能グループを作成可能、2.4HGHz/Bluetooth 5.0/USB Type-Cのトライモード接続、フル機能版・単体版が用意された専用ドライバー、イラストや編集など様々なソフトウェアに対応、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、片手で掴める程よいサイズ感で縦横どちらの向きでも使えるのは良い、キーはパンタグラフらしく薄くて静かな打鍵感、キー配列は慣れれば問題なく使える、キーは無刻印だが付属のシールで見分ける事が可能、ホイールはクリックも備わっていて操作も色々できる、ペンタブ・液タブ用のデバイスだが編集など他の用途でも活用できる、ワイヤレスで機能も充実しているのに割安なところも魅力的、といった内容。

各所の反応


[#1]
日本公式でもACK05の発売きたな
AC19より若干値段上がったが質や耐久性も上がってそうだし割といいんじゃないか



[#2]
こういうのでいいんだよ
液タブ本体に使えないボタン付いていても邪魔なだけだし



[#3]
最近出たXPPenのACK05
左手でも右手でも使える無線対応マクロパッドでコスパ良くておすすめ



[#4]
ACK05はボタン数もそこそこあってホイールも着いているので
編集ソフトなんかを扱うには申し分無いです。
一方でStream Deckみたいにゲーム操作しながら別ソフトを扱うみたいな操作は少し難しいかも。

基本的に自分が動かしているアプリにしか反応しない。
(ゲームならゲーム、ブラウザならブラウザ)
ゲーム中にOBSのミュート操作やdiscordのVCのミュート操作なんかは出来ない。
(ゲーム開きながら使うと、そっちに操作吸われる)
作業用に使うのがオススメです。



[#5]
ACK05買ってみました
ショートカットキーも実質36個以上割り当て可能
良いのでは?覚えられんけど



[#6]
ACK05届いた。
重さもしっかりあるから安定していて良いかも。
Macにインストールして早速活用。まずはAdobe XDで。
とりあえず使いそうなショートカットを設定した。
便利やな。ドライバーの完成度高い。
縦でも横で好きなように活用できるの良い。
付属のシールでキー部分にアイコンのラベリングもできるのも良い。



[#7]
XPPENのACK05が届いた
小型のモバイルバッテリーくらいのサイズ感?
キー配置用のシールもついてるのいいね



[#8]
ACK05購入した、AC19も持ってるので比較。

大きな違いはドライバの方でAC19はボタンが設定できるのが10個だけなのに対して
ACK05は10個のボタンで1つを切り替えボタン設定に出来るので実質36個設定できる事になる。
切り替えはそんなに頻繁に使う場面は思い浮かばなかったけど、あると便利なのは間違いない。

ボタンは押し込み感的にACK05が静かで押しやすくなっている。
ホイールの回転はAC19の方が1回転毎にカチってハマる感じがして好みが分かれそう。
有線でも繋げるACK05はとてもいい。かつ専用レシーバーで繋げる事も出来るしBluetoothも対応。

ホイールのボタンで1~4切り替えにしたかったのだけど
ACK05のホイールボタン設定が見つからなかった。
どこでやるのだろうか?明らかに押し込みできるのだけど。
ボタンと言えば縦型と横型に合わせたのだろうスペースを意識したのか
ACK05は二つほどボタンが大きめでここは賛否分かれるかも。

総合的に見てAC19は4000円弱で買えるしとてもお手軽。
ACK05は5000円を少し超えるのでAC19で済ませたい人も居ると思う。
しかしやはり改良型といえるレベルでACK05の方が断然お勧めできる。
1000円上乗せする価値は十分あるので今から悩んでいる人は間違いなくACK05にするべき。



[#9]
ACK05の設定あれこれ試してると時間が溶ける
でもガジェットオタクとしてはこういうの弄ってるだけでも楽しい
キーマップⅠ~Ⅳ全部使ってみたけど多分使いこなせない



[#10]
ACK05思ったよりいいな。
操作性を考えてCameraRawの時とゆがみツールの時で別のグループにしたらかなり使いやすくなった。
性能をフルに発揮したかったらギチギチに全部設定して真面目に覚える必要あると思うけど
全然キーは足りる。



[#11]
XPPen ACK05を買ってみたので導入。
ホイールの設定に手こずったけどとりあえず使えそう。



[#12]
ACK05、今のところの感想。
他の左手デバイスを持っていないので比較できないですがフツーに便利。
設定キーのセットは4つまで登録できます。
個人的に良いなと思った点は別のソフトごとにショートカット設定しておけることです。
お絵かきソフト以外にも動画編集用に設定を作っておけるので
お絵かきしなくても無駄にならないのが最高。
他のソフトも併用している人にはとてもオススメしたい。

他にも良い点といえばちっちゃくて薄い事とバッテリーの持ちが結構すごそう。
使い始めて数日経つけど電池減ってなさそう。
それとワイヤレスなので卓上がごちゃごちゃしていても省スペースで助かる。



[#13]
ACK05買った。
質感はマウスのような感じ。
キーボードは音がしないタイプでホイールは僅かにカチカチ言う。
側面に小型ランプあり。
電源スイッチはスライドさせてバネで戻る形式。

ショートカットのグループを切り替えた際は画面上に自分で設定した文字が出るので分かりやすい。
使用するソフトごとに自動で全設定を切り替えられる。
ショートカット作成時はそれぞれ90度ごとに本体角度を変更できるので設定しやすい。

キーボードは良く考えられていて配置が秀逸。ノールックでギリギリ操作できる。
ホイールも実際使う時に薬指と中指で操作しやすい。
裏がゴムで滑りにくい。とても薄くて軽い。

短所を挙げるならホイールがツライチのため中央ボタンの位置が分かりにくい。
ランプが左側面にあるので見えない。
USBポートが左下側面にあるので有線の場合は邪魔くさい。
付属レシーバーが本体収納できない。
設定したショートカットの保存・エクスポート方法が分かりにくい。

しかし安価で小型軽量で接続方法も死角なしで左手デバイスの決定版になる予感がする。





10キー+ホイールの構成は作業・編集の用途なら十分、キーは10個だが1つを切り替えに設定すれば実質36個の割り当てが可能、キーは薄く静かでホイールはメカニカルな感触、向きも利き手も問わず使えるのは良い、バッテリーは結構長く持ちそう、ドライバーの完成度は高い、欠点がないわけでもないが左手デバイスの決定版になると思える出来、前作の「AC19」(AA)と比べて改良版と言えるほど良い点がいくつもあるので今から買うならこちらがオススメ、といった内容。

「ACK05」は現在5,000円台の価格で販売中。左手用デバイスに該当するものはタイプ問わずなら割と多く存在していますが、こういうタイプは意外と少なくて低価格も条件に入るなら競合機は上記のAC19しかない?。そのAC19はこちらより安いけれどもデザインや機能はこちらの方が見るからに良さそうですし、実際に改良版と評されていたので2択ならこちらを選ぶのが賢明ではないかと。本格的な作業・編集に使えるのはもちろんとしてちょっとしたショートカット用に導入するのもいいでしょうね。