Xiaomi、日本発売が決まったRedmiシリーズ第5世代で上位モデルのANC完全ワイヤレスイヤホン『Redmi Buds 5 Pro』

Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_01.jpg


2024年1月に発売されたXiaomiのイヤホン「Redmi Buds 5 Pro」。
Redmi Buds 4 Pro」の後継機でシリーズ第5世代の上位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。最大-52dBのアクティブノイズキャンセリングや同軸デュアルドライバーそれにLDAC/LC3対応などが特徴。個人的には早くても春ごろだと思っていたので意外な早さの日本発売決定です。

【公式サイト】Redmi Buds 5 Pro - Xiaomi Japan



Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_02.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_03.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_04.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_05.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_realese_06.jpg
(via weibo)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:LDAC/AAC/SBC/LC3、連続再生時間:最大10時間、防水性能:IP54、重量:5.1g、11mmチタニウム振動板+10mm圧電セラミックツイーターの同軸デュアルドライバー、イマーシブオーディオ搭載(音楽モード・動画モード)、最大-52dBのアクティブノイズキャンセリング、3種類の外部音取り込みモード、トリプルマイクとAIノイズキャンセル機能によるクリアな通話品質、インイヤー検出機能、マルチポイント対応、最大38時間再生を可能とするバッテリーケース、Xiaomi Earbudsアプリ対応、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。

1月15日の発売開始で価格は現在9,000円弱。先代は海外に比べて結構遅めの発売だったのでこちらも遅れると想定していましたが、当機は初出の中国版から1ヶ月後に出す形となって意外な早さ。また、コーデックは中国版がLHDC 5.0対応だったのがLDAC/LC3対応に変わっていて、中国版とグローバル版は似て非なるものと認識した方がよさそう。そのあたりの事情はさておきこのスペックで10,000円を切っているなら同価格帯の有力な存在になるはずなので、どのような反響があるのか気になるところ。ちなみにRedmi Buds 5 ProはUSB-Cドングルで2.4GHz接続対応などゲーミング仕様の”Gaming Edition”(画像でオレンジの方)も出ているので、そちらの発売も期待したいところです。

【関連記事】『Xiaomi Redmi Buds 5 Pro』レビューチェック ~同軸デュアルドライバーやイマーシブオーディオも特徴とするANC完全ワイヤレスイヤホン