Xiaomi、ゲーミングモデルとなるUSB-Cドングル付属のANC完全ワイヤレスイヤホン『Redmi Buds 5 Pro (eSports)』

Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_eSports_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのイヤホン「Redmi Buds 5 Pro (eSports)」。
Redmiシリーズ第5世代の完全ワイヤレスイヤホンをゲーム向けの仕様にしたゲーミングモデル。最大-52dBのアクティブノイズキャンセリングや同軸デュアルドライバーといった主要部分は通常版と共通ですが、こちらはUSB-Cドングル付属やゲーミングサウンドモードなど独自の特徴を備えています。

【関連記事】Xiaomi、最大-52dBのANCや同軸デュアルドライバーを特徴とする上位モデルの完全ワイヤレスイヤホン『Redmi Buds 5 Pro』



Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_eSports_02.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_eSports_03.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_5_Pro_eSports_04.jpg


通常版との主な違いは、2.4GHz接続で最小20msの低遅延を実現するUSB-Cドングル付属、低音を増強&足音・銃声の定位を強化するゲーミングサウンドモード、LHDC Lossless対応、専用ケースカバー付属、ブラック×オレンジのカラーリング、など。価格は中国の公式ストアだと通常版より100人民元ほど高い499人民元(約10,000円)。

Xiaomiの完全ワイヤレスイヤホンでゲーミングモデルは今作が初でUSB-Cドングル付属も初。また、LHDC Lossless対応は業界全体で見ても今作が初ではないかと。遅延の数値は最小15msを謳う「EDIFIER GX05」(AA)ではありませんが、最小20msが事実ならかなり少ない方でしょう。日本でも発売されるかはまだわからないけれども今後の製品展開も含めて楽しみなものが出てきましたね。