Xiaomi、これがグローバル版となるシリーズ最下位モデルの完全ワイヤレスイヤホン『Redmi Buds 4 Active』

Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのイヤホン「Redmi Buds 4 Active」。
Redmiシリーズ第4世代の完全ワイヤレスイヤホンは6月に発売された「Redmi Buds 4 Lite」が一番下位になるのかと思いきや、さらに安い「Redmi Buds 4 Vitality(活力版)」が中国で出ていましたが、”Vitality”から”Active”へと名を変えたグローバル版が改めて登場したようです。

【公式サイト】Redmi Buds 4 Active



Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_02.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_03.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_04.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_05.jpg


Xiaomi_Redmi_Buds_4_Active_06.jpg


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:SBC、連続再生時間:約5時間、充電時間:10分充電で最大110分再生、ドライバー:12mm径ダイナミック型、防水性能:IPX4、重量:3.65g、タッチコントロール搭載、低遅延モード搭載、Google Fast Pair対応、最大28時間再生を可能とするバッテリーケース、スマートフォンアプリ・Xiaomi Earbuds対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は日本円でも表示されるECサイトだと一番安いところで2,200円。”Vitality”の方と異なる点がいくつかあるけれども些細と言える違いですし、とりあえず言える事は日本で発売されるとしたらグローバル版となるこちらかと。シリーズ最下位のエントリーモデルなので特筆するような点はありませんが、安くてもアプリに対応しているのはいいですね。

【関連記事】『Xiaomi Redmi Buds 4 Active』 レビューチェック ~2,000円を切るエントリークラスの完全ワイヤレスイヤホン