『Xiaomi Pad 6』 レビューチェック ~先代より性能は上がって重量は軽くなった11インチAndroidタブレット

Xiaomi_Pad_6_01.jpg


2023年7月に発売されたXiaomiのタブレット「Xiaomi Pad 6」。
日本では2年前に発売されたXiaomi Pad 5の後継機となる11インチのAndroidタブレット。Snapdragon 870採用やリフレッシュレート144HzのWQHD+ディスプレイなど性能は色々と上がっており、画面サイズが同じでも重量は軽くなっていたりと進化がうかがえるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Xiaomi Pad 6 - Xiaomi Japan


画像


Xiaomi_Pad_6_02.jpg


Xiaomi_Pad_6_03.jpg


Xiaomi_Pad_6_04.jpg


Xiaomi_Pad_6_05.jpg


Xiaomi_Pad_6_06.jpg


Xiaomi_Pad_6_07.jpg


Xiaomi_Pad_6_08.jpg


Xiaomi_Pad_6_09.jpg
(via facebook)

製品仕様


画面サイズ:11インチ
OS:MIUI 14 for Pad(Android 13ベース)
解像度:2880x1800
CPU:Snapdragon 870
メモリ:6GB/8GB
ストレージ:128GB

通信機能:IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax・Bluetooth 5.2
カメラ:1300万画素(リア)・800万画素(フロント)
インターフェイス:USB Type-C
バッテリー:8,840mAh
本体サイズ:165.1x253.9x6.51mm
重量:490g


メディア・レビューサイト


シャオミが新型タブレット「Xiaomi Pad 6」を発売 - ケータイ Watch

コスパ抜群な最新Androidタブレット端末「Xiaomi Pad 6」 - ケータイ Watch

【Xiaomi Pad 6 レビュー】現行最強のAndroidタブレット(2023)。変わらず文句なし。 - GADGENEKO

【49800円は安すぎる】Xiaomi Pad 6 日本版を実機レビュー | もりけぇBlog

Xiaomi Pad 6 レビュー!実機を使うと分かる。便利機能も魅力のコスパ良好タブレット - プラグマライフ

「Xiaomi Pad 6」実機でAnTuTuベンチマークスコアをチェック!気になる発熱状況は? | やすスマ

【Xiaomi Xiaomi Pad6 実機レビュー】スペックと実際の使用感を徹底解説!【6GB+128GB】 | 青丹通信

Xiaomi Pad 6 レビュー:スナドラ870搭載でゲーム性能良しなコスパタブレット | Re:Gadget

Xiaomi Pad 6のレビュー。Androidタブレットのデビュー機にもオススメ - ガルマックス



Snapdragon 870プロセッサ採用、高精細WQHD+ディスプレイ採用、リフレッシュレート144Hz&7段階の可変リフレッシュレート対応、HDR10サポート、高速な読み取りおよび書き込みに対応(LPDDR5+UFS 3.1)、目にやさしいフルレンジDC調光機能、軽量アルミユニボディデザイン、Dolby Atmos対応のクアッドステレオスピーカー、8,840mAhの大容量バッテリー搭載、33W急速充電に対応、グラビティグレー・シャンパンゴールド・ミストブルーの3色、専用キーボードケース・スマートペンあり(オプション)、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、Androidタブレットとしての基本動作は快適で文句なし、ディスプレイは高解像度なだけあって非常にキレイ、可変リフレッシュレートも備えた144Hzは先代(120Hz)より滑らかな表示を体感できる、ゲームもいけるかはタイトル次第(ハイスペックを要す3Dゲームは設定を下げればいける)、カメラはスナップ撮影くらいなら使える、先代より色々と進化しているが買い替えを推奨するほどの大きな差があるかと言えば正直言ってない、先代を持っていなくて価格の割に万能なAndroidタブレットを求めているならオススメ、といった内容。

各所の反応


[1]
Xiaomi Pad6買った、先代の5も持ってる
音は先代と変わんないね
ゲームしない自分としては使用感は全く同じで
届いて2日目にして既に日常に戻った

ただしMacroDroidのアクション間の待機時間が
5が400㍉秒入れないと作動しないマクロで6は300㍉でいけた
気持ちUSB転送速度が速くなった




[2]
5から6になってディスプレイ性能が上がってるみたいだけど
ぶっちゃけ違いはわからないと思う




[3]
>>2
今2つを見比べてるけど変わらんよ
正確には変わらないくらい両方とも良い




[4]
5と6をと並用してるけれどバッテリー持ちは変わらないかな
5はデフォルト120Hz、6はデフォルト可変50-144Hzにしてる




[5]
>>4
俺も2台持ってるが僅かに6が消費速い
気にするほどじゃないがね




[6]
大半の動作はおんなじ高効率コアがやるし
860と870でバッテリー持ちの体感に差はないと思った
でも5が処分で安くなるならそっち買った方がお得かも
カメラ周りもスッキリしてるし・・・6は無駄にゴツすぎるよ




[7]
Xiaomi Pad 6買ったけど流石だな
今リフレッシュレート表示してニコ動流したら144Hz出てる
なんか画質が良すぎて字幕の解像度の低さとか
映像の画質の荒さまでわかるようになってしまった気がする
5よりバッテリー弱そうなのは気になるな




[8]
>>7
SoC性能もディスプレイ性能も5より良くなってるからバッテリー食うのは当たり前
でも軽くなって充電が速くなった利点の方が大きいと思う




[9]
バッテリー消費が速いのは可変144Hzのせいなんじゃないかな
ワイは羞明だから光度を低めにして60固定で使ってるけど
バッテリー持ちはiPad 5 Airより保つと感じるな
Pad 5は持ってないから6との差はわからんけど




[10]
6使ってみてるが、すこぶる快適でいいわ
バッテリーの減りは少し気になるかも程度だし特に不満ではないな




[11]
FireHD10からXiaomiPad6買い替えたが
何もかもがサクサクだな




[12]
昨日届いてから触ってるけど
まぁわかってたけど5と6で劇的に体感できる差は無いかな
でもスクロールとかなんとなく軽い




[13]
うちもようやくXiaomi Pad 6届いた
iPad8genから移ったから最速設定ヌルヌルすぎてウケる




[14]
Xiaomi Pad 6が無難な値段で無難な性能で良いデザインで
文句つけるとこがなくて話す内容がない




[15]
Xiaomi Pad6いいよ
ゲームしない動画メインの自分にとってはXiaomi Pad5と特に変わらないが
RVX等のビルドが爆速になったこととUSBへの読み書きが倍速になったことはありがたい






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。動作はサクサク快適でディスプレイは画質が良くて文句つけるところがない、フル稼働な使い方だとバッテリー消費は速いかもしれないが充電も速いのでそこまで気にならない、先代より性能は上がって本体は軽くなったが実用で劇的な差を感じる事はあまりない、安いタブレットからの乗り換えだと何もかも良くなる感じ、この価格帯のAndroidタブレットとしては先代も当機も完成度が高いと評せる、といった内容。

「Xiaomi Pad 6」は6GB/128GB版が現在50,000円弱、8GB/128GB版が現在53,000円台の価格で販売中。自分も先代を使っているので後継機のこちらは気になっていましたが、解像度とかリフレッシュレートとか向上していて重量も軽くなっているのは確かに魅力的、でも実用面の差は微々たるものだと言われているのも腑に落ちるところ。今回情報を巡ってみて上記の金額を出してまで買い替えるメリットはないかな・・・と思ったのが本音でしょうか。でも10,000~20,000円のタブレットからジャンプアップする場合ならメリットは大いにあるとも思いますね。