Xiaomi、上品なアンビエントライトを搭載したアウトドア向けのBluetoothスピーカー『Xiaomi Outdoor Bluetooth Speaker Camp』

Xiaomi_Outdoor_Bluetooth_Speaker_Camp_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Outdoor Bluetooth Speaker Camp」。
Xiaomi Bluetooth Speaker」に続く新たなBluetoothスピーカーはアウトドア向けのポータブルBluetoothスピーカー。アウトドア向けと言ってもタフさをウリにしたようなタイプではなくテーブルに置いて使う事を想定したようなデザインでアンビエントライト搭載も特徴としています。

【公式サイト】Xiaomi 户外蓝牙音箱 Camp立即购买-小米商城



Xiaomi_Outdoor_Bluetooth_Speaker_Camp_02.jpg


Xiaomi_Outdoor_Bluetooth_Speaker_Camp_03.jpg


Xiaomi_Outdoor_Bluetooth_Speaker_Camp_04.jpg


Xiaomi_Outdoor_Bluetooth_Speaker_Camp_05.jpg
(via weibo)


通信規格:Bluetooth 5.3、コーデック:LHDC 5.0対応、連続再生時間:最大14時間、出力:40W、防水性能:IP66、サイズ:幅125x奥行き85x高sあ146.7mm、重量:1.12kg、360度に音が広がる4ドライバー+2パッシブラジエーターの6ユニット構成、HARMAN AudioEFXのエンジニアによるサウンドチューニング、メタルテクスチャーグリル、アンビエントライト搭載、レザーハンドル搭載、底面に強力なマグネット内蔵、2台接続でのワイヤレスステレオ再生対応、NFC対応、Xiaomi ThePaper OS対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国の公式サイトだと現在699人民元(約15,000円)。ポータブルBluetoothスピーカーでLEDライトを搭載しているものは大半が派手に光るパーティー向けですが、これは本体のデザインも含めてランタンみたいな感じで製品名どおりキャンプで使うのに良さそうな印象。日本で発売される可能性は・・・Bluetoothスピーカーが一つも発売されてないので低いかと。ちなみに先日発表された電気自動車(Xiaomi SU7)でドッキング充電できる機能もあるようで、その点を考えても中国限定になると思います。