Xiaomi、360度サウンドやIP67防水を特徴とするマグサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker Mini』

Xiaomi_Bluetooth_Speaker_Mini_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Bluetooth Speaker Mini」。
同社のポータブルBluetoothスピーカーといえば1年近く前に「Xiaomi Sound Move」が出ていて日本では結局発売されませんでしたが、”Xiaomi Bluetooth Speaker”という直球的なネーミングで2つの新製品をリリースする模様。これはそこそこ小型のマグサイズになっているMiniモデルです。

【公式サイト】Xiaomi蓝牙音箱 Mini



Xiaomi_Bluetooth_Speaker_Mini_02.jpg


Xiaomi_Bluetooth_Speaker_Mini_03.jpg


Xiaomi_Bluetooth_Speaker_Mini_04.jpg


Xiaomi_Bluetooth_Speaker_Mini_05.jpg
(via weibo)


通信規格:Bluetooth 5.3、連続再生時間:最大11時間、充電時間:約1.8時間、出力:3Wx2、防水性能:IP67、サイズ:103x73x73mm、重量:350g、IP67防塵/防水で耐摩耗性・耐衝撃に優れたタフボディ(ストラップ取り付け可能)、360度に音が広がる左右対称フルレンジ+パッシブラジエーターの3ユニット構成、各個人に最適な設定を生成するXiaomi Audio ID、アプリでカスタマイズできるRGBアンビエントライトリング、2台接続でステレオ再生が可能、マルチポイント対応、NFC対応、Xiaomi ThePaper OS対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国の公式サイトだと現在229人民元(約4,800円)。マグサイズののポータブルBluetoothスピーカーは最近だとAnkerの「Soundcore Glow Mini」(AD)が出ており、RGBライティングの特徴は結構違うけれども性能・機能はそれといい勝負になりそうな印象。ちなみにMiniではないロングボトルサイズの通常モデルもあり。日本では最近の完全ワイヤレスイヤホンがすべて発売されている、でもBluetoothスピーカーはこれまで一つも発売されていない、そのあたりを踏まえると発売の可能性はあるともないとも言えますかね。