XENICS、左右対称の小型サイズで約55gのワイヤレスゲーミングマウス『TITAN GZ BT WIRELESS』

XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_01.jpg


海外で見かけたXENICSのマウス「TITAN GZ BT WIRELESS」。
TITAN GC WIRELESS」以来の新製品となるワイヤレスゲーミングマウスで、左右対称の小型サイズになっている約55gの軽量ソリッドシェルやPAW3395センサー&Kailh GM 8.0スイッチ採用などを特徴としているモデル。おそらくオリジナル製ではないと思われるものです。

【公式サイト】제닉스 TITAN GZ 무선 게이밍마우스



XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_02.jpg


XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_03.jpg


XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_04.jpg


XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_05.jpg


XENICS_TITAN_GZ_BT_WIRELESS_06.jpg
(via danawa)


PixArt PAW3395センサー採用、Kailh GM 8.0のマイクロスイッチ採用、2.4GHz/Bluetooth/USB-Cのトライモード接続、左側にサイドボタンを搭載した左右対称のソリッドシェル、PTFEマウスフィート採用、500mAhバッテリー内蔵(電池寿命:最大80時間)、サイズ:幅62x奥行き118x高さ40mm、重量:約55g、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。価格は韓国の公式サイトだと現在79,000ウォン(約8,700円)。

どこかで見た事あるような型ですがどの製品だったかは失念・・・とりあえず言える事は今までに出した製品から考えてこれもどこかのOEM品を利用しているのではないかと。内容的に悪くはないけれどもよくあるうちの一つという印象、最新を追求して製品を出しまくってる同郷のPulsarや中華系のメーカーみたいな勢いも感じないでしょうか。2021~2022年は製品を世界で一番多く出しているような存在だったのに落ち着いちゃいましたね。