WIZMAX、縦一列分だけ詰めて少しコンパクトなテンキーレスのメカニカルキーボード『WIZMAX W85TKL』

WIZMAX_W85TKL_01.jpg


海外で見かけたWIZMAXのキーボード「WIZMAX W85TKL」。
日本ではPCケースが出回っているPC周辺機器メーカーが最近リリースしたメカニカルキーボード。一見よくあるテンキーレス・・・と思いきや右側の縦一列分のキーがなくてカーソルキーも内に詰めているという少し変わったレイアウト。トライモード接続やホットスワップなども特徴としています。

【公式サイト】Keyboard | Wizmax Global



WIZMAX_W85TKL_02.jpg


WIZMAX_W85TKL_03.jpg


WIZMAX_W85TKL_04.jpg


WIZMAX_W85TKL_05.jpg


WIZMAX_W85TKL_06.jpg
(via danawa)


85キーのテンキーレスデザイン、GATERON Yellow Proスイッチ採用、2カラーPBTキーキャップ採用、ホワイトのキーバックライト搭載、キースイッチ交換が可能なホットスワップ、ガスケットマウント採用、2.4GHz/Bluetooth/USBのトライモード接続、3000mAhバッテリー内蔵、専用ソフトウェアあり、ナチュラルグレー・グレイッシュピンクの2色、サイズ:幅347.5x奥行き139.9x高さ44.8mm、重量:765g、主な仕様・特徴は以上。

価格は販売を開始している韓国だと現在115,890ウォン(約12,800円)。探せば同じようなレイアウトの他社製品が先に出ているかもしれませんが、自分は初見だったので風変わりなテンキーレスがまた一つ出てきたなと思ったり。あと、こういうニッチなタイプでもホットスワップやガスケットマウントの採用が当たり前のようになってきていますから、形そのものを変えて個性を出そうとする流れがきているのかもしれません。