VGN、日本発売が決まった4KHz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『Dragonfly F1 Pro』

VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_01.jpg


2024年3月に発売されるVGNのマウス「Dragonfly F1 Pro」。
メカニカルキーボードをメインに展開していた中国メーカーのVGNが初めて手がけたワイヤレスゲーミングマウスで、3ラインナップあるうちの中位にあたるこのProモデルは約49gのソリッドシェルや4KHz対応などが主な特徴。海外ではちょうど1年前に製品が出回っていましたが今になって日本発売が決まったようです。

【公式サイト】VGN Dragonfly F1 Series Wireless Mouse



VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_02.jpg


VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_03.jpg


VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_04.jpg


VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_05.jpg


VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_06.jpg


VGN_Dragonfly_F1_Pro_release_07.jpg



製品の詳細は以前に投稿した記事(VGN、製品が出回りだした4000Hz対応も特徴とする約49gのワイヤレスゲーミングマウス『DRAGONFLY F1 PRO』)を参考に。このシリーズが発表された当時は最先端のスペックと異様に軽いソリッドシェルそれに驚異的な低価格で中国に限らず世界的に話題となっていましたが、この1年の間に似たような中華系のワイヤレスゲーミングマウスが乱発するように増えてDarmosharkなど結構前に日本進出を果たしているところもありますから、旬を逃したかな・・・と思うのが正直なところ。興味を持った人の大半は既に海外から入手しているでしょうし。9,000円弱の価格は様々な事情を考慮すると妥当と思える範囲。また、最上位モデルの「Dragonfly F1 Pro Max」(AD)も同時にリリースされるようで、そちらの価格は11,000円弱です。