Varmilo、65%レイアウトで磁気スイッチを採用した自身初のメカニカルゲーミングキーボード『Victory』

Varmilo_Victory_01.jpg


海外で見かけたVarmiloのキーボード「Victory」。
桜をモチーフにしたモデルを出すなど製品展開に勢いがあった2010年代後半に比べて近年は細々と地味にやっている印象のVarmiloですが、ここに来て自身初となるメカニカルゲーミングキーボードをリリースする模様。65%レイアウトで磁気スイッチを採用しているようです。

【公式サイト】Varmilo Official Website



Varmilo_Victory_02.jpg


Varmilo_Victory_03.jpg


Varmilo_Victory_04.jpg


Varmilo_Victory_05.jpg


Varmilo_Victory_06.jpg


Varmilo_Victory_07.jpg


Varmilo_Victory_08.jpg
(via weibo)


英語配列の65%レイアウト、磁気スイッチ採用、トップ~フロントがPBTパーツで他の部分は半透明パーツのキーキャップ、RGBキーバックライト搭載、フロント側面にライトバー搭載、USB Type-Cでのケーブル着脱式、現時点で判明している点は以上。SNSに投稿されていたPR用のビジュアルには”for VALORANT”とあるのでラピッドトリガー搭載&アクチュエーションポイント調整の可能性は高いのではないかと。ただ、eスポーツ向けのゲーミングキーボードらしからぬガジェット感またはホビー感が強いと言えるデザインは好みが分かれそう。1月10日に予約開始みたいな事も記載されていたので近日中に正式な発表があると思います。