ULTRASONE 『LAPIS』 レビューチェック ~人気ヘッドホンメーカーが手がけたANC完全ワイヤレスイヤホン

ULTRASONE_LAPIS_01.jpg


2022年3月に発売されたULTRASONEのイヤホン「LAPIS」。
高級路線のヘッドホンで知られるULTRASONEが初めて手がけた完全ワイヤレスイヤホン。マイラーダイナミックドライバーやハイブリッドANCを特徴としており、ヘッドホンに比べれば価格もそこまで高くないように思えるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

LAPIS|ULTRASONE|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_3830.php



画像


ULTRASONE_LAPIS_02.jpg


ULTRASONE_LAPIS_03.jpg


ULTRASONE_LAPIS_04.jpg


ULTRASONE_LAPIS_05.jpg


ULTRASONE_LAPIS_06.jpg


ULTRASONE_LAPIS_07.jpg


ULTRASONE_LAPIS_08.jpg
(via smzdm)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:約9時間
充電時間:約2時間
ドライバー:13mm径ダイナミック型
感度:110 dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
インターフェイス:USB Type-C
ワイヤレス充電:対応(Qi)
重量:約5g(イヤホン)/約40g(ケース)


各所の反応


[#1]
ULTRASONE、S-Logic搭載のANCヘッドフォン「ISAR」。初の完全ワイヤレスも
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1389126.html

【レビュー】あのULTRASONEがワイヤレス本格参入。TWSからゲーミングまで一気に聴く
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1390468.html



[#2]
LAPISどうだろう
かつてULTRASONEは憧れのメーカーだったが



[#3]
>>#2
全部入りの割に意外なほど安いとこが何かひっかかるんだよね
メディアのレビュー見る限り、ヘッドホンの方は評価高めだったけど
イヤホンの方は明言避けるような感じにしか思えんかった



[#4]
TWSでもULTRASONE風味な音なんだろうか?興味深々だ。



[#5]
LAPIS試聴したけど微妙だったな。
13mmDDで低域強めだけど、中高域がちょっと・・・。
SBCとAACだけなのも減点。せめてaptXadaptiveには対応してほしかった。
ケースはコンパクトだし質感も悪くないけど今回はパス。



[#6]
ULTRASONEのLAPIS買ったよ
前評判がいまいちだったから新分野開拓応援のつもりで買ったけど
大きめのイヤピにしたら好みの音になったよ
音は正直今まで使ってたMW-07+の方がいいと感じるけど
LAPISは通勤用にいい感じだなぁ

ノイキャンも結構強く効く
換気扇のそばに近づいても聞こえないくらい



[#7]
ULTRASONE LAPIS
箱出しだとかなりモッサリ…とりあえずエイジング中



[#8]
ULTRASONE LAPISエージング中
まだまだ高音が薄いな



[#9]
ULTRASONE LAPIS
音質もノイズキャンセル性能も悪くないけど
使い勝手はairpods proが良い。バッテリーは長持ち。



[#10]
ULTRASONE LAPIS
うーん音は良いけどイヤピがなぁ
ケースの形状的に社外品イヤピは入らなそうやしなぁ



[#11]
>>#10
FinalのTWS仕様やAZLAならいける
相性はFinalがダントツで良い



[#12]
ULTRASONE LAPIS試聴してみた
ヘッドホンは高くて馴染みがなかったけど、これはなかなか良いのではないか
ワイヤレスにしては厚みのあるサウンドで低域も出しつつバランスも良い
もう少し感度高めが好きだけど鳴らしてたら変わるのかな?





ダブルマイラーフィルム振動板を採用したマイラーダイナミックドライバー、ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込めるアンビエントモード、片方のみで使えるモノラルモード、IP54の防塵/防水性能、タッチコントロール搭載、最大4回分の充電が可能&急速充電・ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、などが特徴。付属品はシリコンイヤーピース3セット・USBケーブル。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は箱出しの状態や付属のイヤーピースで聴くと微妙に感じるかもしれない、でもある程度慣らしてイヤーピースを耳に合うものに交換すれば良い感じになる、ANC機能の効きは結構強めで実用レベル、バッテリーケースはコンパクトだがそれゆえに収納の面で交換できるイヤーピースは限られる、音自体はMASTER & DYNAMICの「MW07 PLUS」(AA)の方がいいかもしれないが通勤用としてはこちらの方がいい、といった内容。

「LAPIS」は現在22,000円台の価格で販売中。情報を巡っているとヘッドホンで名を馳せたメーカーという事もあってか往年のユーザーはこちらよりBluetoothヘッドホンの「ISAR」(AA)に注目している印象。また、試聴して微妙だったと言ってる人はヘッドホンなみのクオリティーを期待していたような感もあり。ULTRASONEの製品としてはそこまで高くないけれどもこの価格帯の完全ワイヤレスイヤホンとしてはアプリ非対応など物足りない点がいくつかありますし、課題がやや多いと感じる処女作でしょうか。次に期待したいところですがこの手のメーカーは一つ出してそれっきりのパターンも少なくないので何とも言えませんね。




ウルトラゾーン(ULTRASONE)
売り上げランキング:2,349