Tronsmart、QCC5124を採用したANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『Apollo Bold』

Tronsmart_Apollo_Bold_01.jpg


海外で見かけたTronsmartのイヤホン「Apollo Bold」。
Onyx Free」などこれまで低価格帯の製品で人気を博していたTronsmartが本格的なアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンをリリースした模様。Qualcomm QCC5124のBluetoothチップを採用しています。

Tronsmart Apollo Bold TrueWireless™ Stereo Plus Hybrid ANC Earbuds - Tronsmart
https://www.tronsmart.com/products/tronsmart-apollo-bold-truewireless-stereo-plus-hybrid-anc-earbuds





Tronsmart_Apollo_Bold_02.jpg


Tronsmart_Apollo_Bold_03.jpg


Tronsmart_Apollo_Bold_04.jpg


Tronsmart_Apollo_Bold_05.jpg


Tronsmart_Apollo_Bold_06.jpg


Tronsmart_Apollo_Bold_07.jpg


Qualcomm QCC5124のBluetoothチップ採用、途切れにくいLDSアンテナ採用、最大35dBのノイズを除去するハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を聞き取れるアンビエントモード、TWS Plus対応、aptXコーデック対応、グラフェン振動板を採用したダイナミックドライバー、IP45の防塵/防水性能、音量調整も可能なタッチコントロールボタン、約10時間再生のロングバッテリー(おそらくANCオフ時)、USB Type-C採用&2回分の充電が可能なバッテリーケース、主な仕様・特徴は以上。公式サイトでの価格は99.99ドル。

QCC5124はHouse of Marleyの「REDEMPTION ANC」(AA)など10,000~20,000円台の価格帯で使われているハイエンドクラスですし、ANC機能は35dBの除去が事実なら結構な効きが期待できるでしょうし、アンビエントモード・TWS Plus・aptXコーデックも備わっていて不足感はありませんからTronsmartの製品にしてはかなり良さげ。ただし2,000~3,000円台の低価格帯で人気を博していたメーカーなので、今までと価格帯が全然違うこのモデルは良さそうでもイメージ的に手が出しづらいかもしれませんね。




Tronsmart
売り上げランキング:653