TOZO、まだ珍しいIPX8防水のオープンイヤー型Bluetoothイヤホン『TOZO OpenReal』

TOZO_OpenReal_01.jpg


海外・国内で発売されているTOZOのイヤホン「TOZO OpenReal」。
TOZO Open Buds」を調べている時に目に入ったオープンイヤー型のBluetoothイヤホン。ネックバンドタイプのオープンイヤー型は数多く存在していますが、IPX8防水を特徴としているものはノーブランド品を除くと「Oladance OWS Sports」しか知らないので、まだ珍しいと言えるものです。

【公式サイト】OpenReal True Wireless Earbuds -TOZO



TOZO_OpenReal_02.jpg


TOZO_OpenReal_03.jpg


TOZO_OpenReal_04.jpg


TOZO_OpenReal_05.jpg


TOZO_OpenReal_06.jpg


TOZO_OpenReal_07.jpg
(via Amazon)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:最大16時間、充電時間:約1時間、ドライバー:16.2mm径ダイナミック型、防水性能:IPX8、耳をふさがないオープンイヤー型、強力な低音を実現したTOZO ORIGX音響テクノロジー、デュアルマイクENCによるクリアな通話品質、専用マグネットケーブルを使用するキャップレス充電、10分充電で2時間再生できる急速充電、TOZOアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

日本でも既に販売されているもので実売価格は現在6,000円前後。前述のとおりオープンイヤー型でIPX8防水を特徴としているものは他にOladance OWS Sportsのみ、骨伝導を含めても「Creative Outlier Free Pro+」(AA)くらいなので貴重と言えば貴重。絶対に大丈夫とは言い切れませんがIPX8防水ならお風呂での使用もいけるでしょうし、Oladanceの方はまだ発売の目処が立っておらず発売されるとしても高額でしょうし、用途次第では良い選択肢になると思います。