TOZO、どこかで見た事があるイヤーフックデザインのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『TOZO Open Buds』

TOZO_Open_Buds_01.jpg


海外・国内で発売されているTOZOのイヤホン「TOZO Open Buds」。
以前から海外で製品の情報をよく見る事があり一部の製品は日本でも出回っているTOZOのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン。二軸回転のイヤーフックが特徴的なモデルですがどこかで見た事があるような・・・どうやらPhilipsの「TAA6708」と同型のようです。

【公式サイト】Open Buds Lightweight True Wireless Earbuds with Multi-Angle Adjustment-TOZO



TOZO_Open_Buds_02.jpg


TOZO_Open_Buds_03.jpg


TOZO_Open_Buds_04.jpg


TOZO_Open_Buds_05.jpg


TOZO_Open_Buds_06.jpg


TOZO_Open_Buds_07.jpg
(via pconline)

通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:最大12時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:14.2mm径ダイナミック型、防水性能:IPX6、重量:10.6g、耳をふさがないオープンイヤー型、二軸回転設計で角度を柔軟に調整できるイヤーフックデザイン、強力な低音と音漏れ防止を実現したTOZO ORIGX 2.0音響テクノロジー、DSP通話ノイズリダクションによるクリアな通話品質、マルチポイント対応、プリセットEQなどを備えたTOZOアプリ対応、最大42時間再生を可能とするバッテリーケース、主な仕様・特徴は以上。

日本でも既に販売されているもので実売価格は現在8,000円台。前述のとおりTAA6708と同型でドライバー径も同じですからOEM元も同じではないかと。でも再生時間は2倍長かったりコーデックはAACもあり防水等級も上だったりとスペックはこちらの方が優っている内容。また、TAA6708の価格は15,000円なのでメーカーのネームバリューを重視しないのであればこちらの方が良さげ。そもそもTOZOがOEM元の可能性もありそうですし今後出すものによっては侮れない存在になるかもしれませんね。

【関連記事】『TOZO Open Buds』レビューチェック ~他社の同型と価格を考えると悪くないオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン