TitanArmy、さらに安くなった中華系のスーパーウルトラワイドゲーミングモニター『C49SH』

TitanArmy_C49SH_01.jpg


海外で見かけたTitanArmyの49インチ液晶モニター「C49SH」。
中華系のスーパーウルトラワイドゲーミングモニターといえば2年近く前の黎明期にいくつか出ていてその一つが同社の「C49S PRO」でしたが、この新型モデルは前作よりもさらに安い価格設定でリリースされたようです。

C49SH - MONITOR - 泰坦军团 TitanArmy
http://www.titanarmy.cn/index.php?ac=article&at=read&did=902





TitanArmy_C49SH_02.jpg


TitanArmy_C49SH_03.jpg


TitanArmy_C49SH_04.jpg


TitanArmy_C49SH_05.jpg


TitanArmy_C49SH_06.jpg


TitanArmy_C49SH_07.jpg


TitanArmy_C49SH_08.jpg


TitanArmy_C49SH_09.jpg
(via zol.com)

画面サイズ:49インチ、パネル:VA、解像度:3840x1080、コントラスト比:3000:1、輝度:400 cd/m2、視野角:178/178、映像端子:HDMI x3/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1800Rのスーパーウルトラワイドスクリーン、リフレッシュレート144Hz、FreeSync対応、HDRサポート、ゲーム向けの機能を取り揃えたGame Plus、PIP/PBPモード搭載、フリッカーフリー・ブルーライト低減モード搭載、専用リモコン付属、などが特徴。

前作との違いはHDRサポート&輝度の向上とスタンドが刷新の2点で、新型というより前作をリニューアルしたものと言った方が適切かもしれないモデル。価格設定は前作が6,499人民元(約100,000円)だったのに対して、こちらは4,999人民元(約75,000円)と大きな差があり。巷ではサムスンの「C49G95T」(AA)が同サイズでもモンスタースペックすぎて話題を独占していますが、こういう廉価な選択肢を望んでいる人はそれなりにいるでしょうね。




日本エイサー
売り上げランキング:567