TITAN ARMY、日本発売が決まった28,000円を切る白い27インチ IPSパネル QHD 180Hzゲーミングモニター『27G2R』

TITAN_ARMY_27G2R_release_01.jpg


2024年4月に発売されるTITAN ARMYの27インチ液晶モニター「27G2R」。
P27A6S」などと共に日本上陸を果たした中華系のゲーミングモニターで、こちらは解像度:2560x1440のFast IPSパネルやリフレッシュレート180Hzそれに真っ白なカラーリングなどを特徴としているモデル。中国では昨年秋ごろに出ていたものですが価格は中国とそこまで差がなく日本で売るようです。

【公式サイト】Titan Army 27G2R | 株式会社リンクスインターナショナル



TITAN_ARMY_27G2R_release_02.jpg


TITAN_ARMY_27G2R_release_03.jpg


TITAN_ARMY_27G2R_release_04.jpg


TITAN_ARMY_27G2R_release_05.jpg


TITAN_ARMY_27G2R_release_06.jpg



画面サイズ:27インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort x2、リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、FPS/RTSモード・GAME PLUSなどのゲーム機能、背面にアンビエントライト搭載、ホワイト一色のカラーリング、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在28,000円弱で予約受付中。似たようなスペックのゲーミングモニターはPixioの「PX278 WAVE White」(AD)など安くても30,000円台後半なので、低価格をウリにしたメーカーの製品でもだいぶ安い存在になるのではないかと。ただ、あくまでも中華系のエントリークラスという事を踏まえて過度な期待をせずに買うならでしょうかね。