TIN HiFi、有線接続に対応した2DDドライバーの完全ワイヤレスイヤホン『T2000』

TIN_HiFi_T2000_01.jpg


海外で見かけたTIN HiFiのイヤホン「T2000」。
中華イヤホンの界隈ではよく話題に上がっていたTIN HiFiが自身初となる完全ワイヤレスイヤホンをリリースする模様。ぢゅあるダイナミックドライバー搭載とMMCXコネクタでの有線接続対応を特徴としているモデルです。

TIN HiFi - T2000 – Linsoul Audio
https://www.linsoul.com/pages/tin-hifi-t2000





TIN_HiFi_T2000_02.jpg


TIN_HiFi_T2000_03.jpg


TIN_HiFi_T2000_04.jpg


TIN_HiFi_T2000_05.jpg


TIN_HiFi_T2000_06.jpg


TIN_HiFi_T2000_07.jpg
(via Youtube)

Realtek RTL8763BFPのBluetoothチップ採用、9mm径/8mm径のデュアルダイナミックドライバー、ドライバーの再生周波数帯域を正確に分けるクロスオーバーネットワーク、MMCXコネクタを採用した有線接続対応、4芯/無酸素銅ケーブル付属、UV滅菌システム搭載のバッテリーケース、公開されている主な仕様・特徴は以上。

2DDドライバーやクロスオーバー構造それにMMCXコネクタでの有線接続は魅力的に映る反面、Bluetoothチップは低価格に使われているものでそんなに良いものではありませんし、完全ワイヤレスイヤホンとしてのスペックに不明な点が多いのはちょっと引っかかるところ。現時点の情報ではどちらかと言えば完全ワイヤレスでも使えるイヤホンという印象。

ちなみに有線接続に対応した完全ワイヤレスイヤホンは知る限りだとBGVPの「BGVP Q2」とオウルテックの「KPro01」しか出ていないので、まだ数少ない稀少なタイプ。また、ケースにUV殺菌機能を搭載したモデルはPhilipsの「ST702」しか他に知りませんが、個人的には別になくてもいいと思ってしまいますね。




TINHIFI
売り上げランキング:2291