Thermaltake、日本発売が決まった横置き可能な八角柱デザインのミニタワーPCケース『The Tower 300』

Thermaltake_The_Tower_300_release_01.jpg


2024年4月に発売されるThermaltakeのPCケース「The Tower 300」。
The Tower 200」に続くThe TowerシリーズのPCケースで、既存の製品とは違って3枚の強化ガラスパネルを採用したピラーレスの八角柱デザイン、そしてオプションのスタンドを使う事で横置きも可能な新型モデル。1月のイベントでお披露目があったものですが日本発売が決まったようです。

【公式サイト】The Tower 300シリーズ | Thermaltake ミニタワー型PCケース | 株式会社アスク



Thermaltake_The_Tower_300_release_02.jpg


Thermaltake_The_Tower_300_release_03.jpg


Thermaltake_The_Tower_300_release_04.jpg
(via facebook)


対応マザーボード:MicroATX/Mini-ITX、拡張スロット:4、ドライブベイ:3.5インチ/2.5インチx3、水冷ラジエーター:最大420mm対応、ビデオカード:最大400mm対応、CPUクーラー:全高210mm対応、電源:ATX/最大220mm対応、ファン:最大8基搭載可能、サイズ:幅342x高さ551x奥行き281mm、重量:約8.3kg、強化ガラスパネル3枚採用でピラーレスの八角柱デザイン、シャーシを細部まで分解可能な”Dismantlable Modular Design”、合計7色のカラーラインナップ、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在23,000円台で予約受付中。同シリーズの既製品とは違ってピラーが存在せず内部の視角も広いこの八角柱デザインは次世代を感じるものがあり、言葉悪く言えば似たり寄ったりの外観になっている一般的なピラーレスデザインとは違って個性を感じられ、設置場所によっては最適なものになるかもしれない横置きができるのも魅力的。以前みたいに特殊なカラーは後から追加するのではなく最初から7色すべて発売するという製品展開にも驚きです。