Thermaltake、新デザインで横置きもできるショーケースタイプのMicoATX PCケース『The Tower 300』

Thermaltake_The_Tower_300_01.jpg


海外で見かけたThermaltakeのPCケース「The Tower 300」。
The Tower 200」に続くTowerシリーズの新たなPCケース。今作もショーケースタイプのミニタワー型ですが従来の製品とは違って八角柱の形状でガラスパネルはピラーレスな3枚になっている新デザイン。別売りのスタンドで横置きの設置もできるようです。

【公式サイト】The Tower 300 Micro Tower Chassis



Thermaltake_The_Tower_300_02.jpg


Thermaltake_The_Tower_300_03.jpg


Thermaltake_The_Tower_300_04.jpg


Thermaltake_The_Tower_300_05.jpg
(via facebook)


八角柱の形状になっている縦型のクラシックデザイン、ピラーレスになっている3枚のガラスパネル、分解可能なモジュラー設計、最長400mmのビデオカード搭載可能、最大420mmのラジエーター搭載可能、ファン最大8基搭載可能、別売りのシャーシスタンドキットで横置きが可能、別売りの専用LCDパネルキット搭載可能、合計7色のカラーラインナップ、サイズ:幅342x奥行き281x高さ551mm、重量:8.3kg、主な仕様・特徴は以上。発売日・価格等はまだ明らかにされておらず。

同シリーズの過去製品はガラスパネルが3面でも柱で分けられていたりフロント1面だけだったりと内部を広く見渡せるようなものではありませんでしたから、この新デザインは画期的。それにこの横置きは設置の面でドンピシャな人もそれなりにいそうですし、相変わらず多いカラーラインナップも魅力的ですし、巷で流行りのピラーレスデザインとは違った良さがあっていいですね。