TaoTronics 『PURECORE (TT-BH1003)』 画像など ~自身初となるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_01.jpg


2020年8月に発売されるTaoTronicsのイヤホン「PURECORE (TT-BH1003)」。
SoundLiberty 79」などが出ていたTaoTronicsの製品でこれが初となるアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン。初動から10,000円を切る価格も見どころとなりそうなモデルですが、ちょっと見てみます。

完全ワイヤレスモデル| TaoTronics Japan
https://www.taotronics.jp/product-category/audio/full-wireless





TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_02.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_03.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_04.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_05.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_06.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_07.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_08.jpg


TaoTronics_PURECORE_TT-BH1003_09.jpg
(via TechTeller)

通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5時間20分(ANCオン)/約6時間(ANCオフ)、ドライバー:10㎜径ダイナミック型、インターフェイス:USB Type-C(ケース)、重量:約6.5g、という仕様。最大25dBの騒音を除去するアクティブノイズキャンセリング機能、強い低音域とクセがない中高域にチューニングされた10㎜径ダイナミックドライバー、IPX4の防水性能、約20時間の再生を実現するバッテリーケース、などが特徴。付属品はイヤーピース3セット・USBケーブル。

各所の情報を巡っているとBluetoothチップはBES2300Zと明記があり、同じものを使っているのはMPOW JAPANの「X3 ANC」(AA)が存在。最大25dBの騒音を除去という点も共通なので普通に考えるとANC機能はX3 ANCと同レベルではないかと。そのX3 ANCのANC機能は良く言っても及第点・価格相応の評価でしたから、これも過度な期待はしない方がよさそうでしょうか。あとは10,000円以下の価格をどう見るかですね。