SUUNTO、aptX Adaptive対応やジェスチャーコントロールを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン『SUUNTO WING』

SUUNTO_WING_01.jpg


2023年10月に発売されるSUUNTOのイヤホン「SUUNTO WING」。
スポーツ・アウトドア向けのスマートウォッチで知られるSUUNTOが初めて手がけた骨伝導Bluetoothイヤホン。骨伝導の基本部分はもちろんとしてこの部類ではまだ珍しいaptX Adaptiveコーデック対応、それにジェスチャーコントロールやLEDライトなど見どころが多いモデルです。

【公式サイト】Suunto Wing Black プレミアムオープンイヤースポーツヘッドホン



SUUNTO_WING_02.jpg


SUUNTO_WING_03.jpg


SUUNTO_WING_04.jpg


SUUNTO_WING_05.jpg


SUUNTO_WING_06.jpg
(via facebook)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:aptX Adaptive/SBC、連続再生時間:最大10時間、充電時間:約1時間、防水性能:IP67、重量:33g、耳を塞がずに音楽が聴ける骨伝導タイプ、スポーツ用に設計されたネックバンドデザイン、頭の動きで操作できるジェスチャーコントロール、両サイドに赤色のLEDライト搭載、マルチポイント対応、Suuntoアプリ対応、充電クレードルとして使える専用モバイルバッテリー、ブラック・レッドの2色、主な仕様・特徴は以上。

骨伝導BluetoothイヤホンでaptX Adaptive対応は自分の知る限りだと日本で発売されていないXioamiの製品しかなかったので貴重と言えば貴重。また、ジェスチャーコントロールや充電クレードルも他では見かけない特徴で魅力的。ただ、発売前にして33,000円台という価格はこの部類だとかなり高額、一番人気の存在と言えるShokzの「OpenRun Pro」(AA)より10,000円くらい高いので本当に高額。骨伝導がよっぽど好きで追求しているような玄人向けですかね。