SteelSeriesの軽量ワイヤレスゲーミングマウス『Prime Mini Wireless』の分解・実重量レポート

SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_01.jpg


海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Prime Mini Wireless」。
Prime Wireless」の小型版となるワイヤレスゲーミングマウスで、製品情報ではスペックそのままに小型化&軽量化を実現しているモデル。分解を試みたレポートが早くも投稿されていたので参考にちょっと見てみます。

SteelSeries、小型版となるPrestige OMスイッチ採用の軽量ゲーミングマウス『Prime Mini』
https://watchmono.com/e/steelseries-prime-mini





SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_02.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_03.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_04.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_05.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_06.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_07.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_08.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_09.jpg


SteelSeries_Prime_Mini_Wireless_Dismantle_10.jpg
(via quasarzone)

主要パーツや各部の詳細を見ていくとセンサーはTrueMove Air。メインクリックのスイッチは独自構造。サイドボタンのマイクロスイッチはKailh製。ホイールエンコーダーはTTC製。無線用のSoCはnRF52833。内蔵バッテリーの容量は550mAh。実重量は約75gで公称よりほんの少し重い結果。

センサーやスイッチなど上記の使用パーツは通常モデルとまったく同じ、筐体の構造もまったく同じ、違いは小型化による基板の作りが若干異なるくらい。ただしその基板の違いによって使用感は些細な変化があるかも。それとRazerの製品(DeathAdder V2やViper)みたいに小型化によって握った感じは少し違うものになっているという可能性もありそうです。




SteelSeries
売り上げランキング:280