SteelSeries、ホワイト一色で真鍮パーツを使用した限定モデルのメカニカルゲーミングキーボード『Apex Pro Mini Prebuilt: White Gold Edition』

SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_01.jpg


海外で見かけたSteelSeriesのキーボード「Apex Pro Mini Prebuilt: White Gold Edition」。
発売から時間が結構経ったゲーミングメカニカルキーボードをアップデートでラピッドトリガー対応にするという荒業で話題になったSteelSeriesですが、これは「Apex Pro Mini」をベースにした限定モデル。ホワイト一色のカラーリングやゴールドに塗装した真鍮パーツを特徴としています。

【公式サイト】Apex Pro Mini Prebuilt: White Gold Edition | SteelSeries




SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_02.jpg


SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_03.jpg


SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_04.jpg


SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_05.jpg


SteelSeries_Apex_Pro_Mini_Prebuilt_White_Gold_Edition_06.jpg
(via Youtube)


60%レイアウトのコンパクトサイズやOmniPoint 2.0スイッチ採用といった根本的な部分は通常モデルと変わらず。この限定モデルはホワイト一色でケースはアルミニウム製(キープラー収納は無し)になり、トッププレートと裏面のロゴプレートは真鍮製。また、250台の数量限定でロゴプレートにはナンバリングが入っている模様。価格は北米公式サイトだと379.99ドル。

コラボとか関係なく真鍮パーツがトレンドになっているわけでもなく風変わりにも思える限定モデルをSteelSeriesが何の前触れもなく出してきたのは正直意外。今の時期にこのような製品を出してくるという事は新型の目処はまだ立っていないのかなと思ったり。ちなみにこれとは別のホワイト一色でスケルトンパーツを使用したバリエーションモデル(Apex Pro Mini Prebuilt: Ghost Edition)を昨年秋に発表していたようです。