SteelSeries、日本でも発売された60%レイアウトのゲーミングメカニカルキーボード『Apex 9 Mini』

SteelSeries_Apex_9_Mini_01.jpg


海外で見かけたSteelSeriesのキーボード「Apex 9 Mini」。
Apex 9 TKL」と同じく”OptiPoint”なる光学キースイッチを採用したゲーミングメカニカルキーボードで、こちらはコンパクトサイズになっている60%レイアウトのモデル。日本では発売に関するプレスリリースは出ていませんが、本日付け(9/15)で販売開始しているところがありました。

Apex 9 Mini | Mini gaming keyboard with fast optical switches | SteelSeries
https://steelseries.com/gaming-keyboards/apex-9-mini





SteelSeries_Apex_9_Mini_02.jpg


SteelSeries_Apex_9_Mini_03.jpg


SteelSeries_Apex_9_Mini_04.jpg


SteelSeries_Apex_9_Mini_05.jpg


SteelSeries_Apex_9_Mini_06.jpg


SteelSeries_Apex_9_Mini_07.jpg
(via Youtube)

コンパクトサイズの60%レイアウト、0.2msの高速作動を実現したOptiPointオプティカルスイッチ採用、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、ダブルショットPBTキーキャップ採用、キースイッチが交換可能なホットスワップ、航空機グレードのアルミニウム合金プレート、USB Type-Cでのケーブル着脱式、高さ調整が可能なチルトスタンド、PCソフトウェア・SteelSeries GG対応、サイズ:幅293x奥行き103x高さ40mm、重量:676g、主な仕様・特徴は以上。

サイズ・重量が関わる部分を除けばApex 9 TKLと特徴は共通。現時点で販売を開始しているAmazonでは日本語配列・英語配列の2タイプを取り扱っており、価格はどちらも現在21,480円。この販売がフライングなのか代理店が単に告知していなかったのかはわかりませんが、後から訂正が入らなければ日本でも既に買えますよという事で。先に発売された「Apex Pro Mini」(AA)に比べれば実質下位モデルなので割安、でも他社の同類に比べるとやや割高ですかね。




Steelseries
売り上げランキング:-