SoundPEATS、低遅延のゲームモードが追加された完全ワイヤレスイヤホン『TrueAir (Game)』

SoundPEATS_TrueAir_Game_01.jpg


2019年12月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「TrueAir」。
安いAirPodsの代替品としても低価格の選択肢としても人気を得ていた完全ワイヤレスイヤホンのTrueAirですが、海外ではブラック×ブルーの新カラーで65msの低遅延を実現するゲームモードが追加されたモデルが出回っているようです。

SoundPEATS 『TrueAir』 レビューチェック ~低価格でQCC3020搭載の完全ワイヤレスイヤホン~
https://watchmono.com/blog-entry-10507.html





SoundPEATS_TrueAir_Game_02.jpg


SoundPEATS_TrueAir_Game_03.jpg


SoundPEATS_TrueAir_Game_04.jpg


SoundPEATS_TrueAir_Game_05.jpg


SoundPEATS_TrueAir_Game_06.jpg


SoundPEATS_TrueAir_Game_07.jpg
(via weibo)

インナーイヤータイプでタッチコントロールボタン搭載のスティックデザイン、IPX5の防水性能、バイオセルロースの振動板を採用した14.2mm径ダイナミックドライバー、USB Type-C採用のバッテリーケース、といった点は通常版と変わらず。ゲーム版と言えるこれはどうやらBluetoothチップが変わっており、Pixart製のものを採用した事によりゲームモードの追加を実現している模様。そのゲームモードは通常だと200msの遅延が65msに抑えられるとのこと。また、パッケージは通常版のものにゲーム版を示すラベルが貼られただけの形。

65msの数値が事実なら結構いい方の低遅延なのでゲームモードの搭載は魅力的に映りますが、Bluetoothチップの変更により仕様は若干変わっているようでaptXのコーデックやTWS Plusはおそらく非対応。価格は出回っている地域を参考にすると通常版より1割程度安い設定になっていますから、決して強化版やリニューアル版ではなく別バリエーションのモデルとして見るべきでしょうか。同じモデルでBluetoothチップが違うバージョンを出すというのは他に知らないのでちょっと驚きですし、SoundPEATSは別のモデルでも似たような製品を出してくるかもしれませんね。




SoundPEATS(サウンドピーツ)
売り上げランキング:87