『SOUNDPEATS Space』レビューチェック ~6,000円を切るANC搭載&最大123時間再生が特徴のBluetoothヘッドホン

SOUNDPEATS_Space_04.jpg


2023年11月に発売されたSOUNDPEATSのヘッドホン「Space」。
GoFree2」と同じタイミングで登場した同社の製品で第2作目となるBluetoothヘッドホン。最大-35dBのアクティブノイズキャンセリングや最大123時間再生それにアプリ対応などを特徴としているモデルで、最近の実売価格は6,000円を切っている事が多い模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】SOUNDPEATS Space ワイヤレス ヘッドホン アクティブノイズキャンセリング – SOUNDPEATS JAPAN

画像


SOUNDPEATS_Space_05.jpg


SOUNDPEATS_Space_06.jpg


SOUNDPEATS_Space_07.jpg


SOUNDPEATS_Space_08.jpg


SOUNDPEATS_Space_09.jpg


SOUNDPEATS_Space_10.jpg


SOUNDPEATS_Space_11.jpg


SOUNDPEATS_Space_12.jpg


SOUNDPEATS_Space_13.jpg


SOUNDPEATS_Space_14.jpg
(via zhihu)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大123時間(ANC OFF)・最大61時間(ANC ON)
充電時間:約2時間
ドライバー:40mm径ダイナミック型
インターフェイス:USB Type-C/3.5mm
重量:264g


レビューサイト


【SOUNDPEATS Space レビュー】安価ながら高い総合力を誇る多機能Bluetoothヘッドホン - 僕は猫だった

究極の装着感!SOUNDPEATS Spaceワイヤレスヘッドホンをレビュー! - 働くMONOブログ|キノウビデザイン

こだわりスタイル | SOUNDPEATS SPACE ヘッドフォン|大音量で映画館の迫力!

【実機】”SOUNDPEATS Space”のレビューと評判♪コスパ最強の名に相応しいヘッドホン現る!



専用設計の40mm径ダイナミックドライバー、最大35dBのノイズを低減するアクティブノイズキャンセリング、周囲の音を取り込むトランスペアレントモード、低遅延を実現するゲームモード、マルチポイント対応、8種類のプリセット選択やイコライザー設定が可能なSOUNDPEATSアプリ対応、プロテインレザーと低反発素材を使用したイヤーパッド、持ち運びしやすい折りたたみ構造、有線接続対応、ブラック・ホワイト・イエローの3色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音の傾向は弱ドンシャリで明瞭かつバランスの良いサウンド、アクティブノイズキャンセリングは強力ではないが価格を考えると合格点は出せるレベル、トランスペアレントモードはやや不自然だが聞き取りやすい、装着感は良好で側圧はそんなに強くない(個人差あり)、作りも質感もチープさは感じられない、欠点らしい欠点がなくて安い割に完成度は高いBluetoothヘッドホン、といった内容。

各所の反応


[1]
SOUNDPEATS Spaceはスマホで使うなら十分な性能だね

コーデックはAACまでだけどダメって音ではないし
有線の音質はQCY H3に比べたらマトモ

ANCも最強レベルではないが必要十分な強度
有線でANCオンにできるのは良い

ビルドクオリティもこの値段にしてはかなり良い
ハウジングのデカロゴデザインはあんまり好きじゃない




[2]
SOUNDPEATS Spaceなかなか良いな
スッキリ系の高音
ノイキャン精度はイマイチ
装着感良し
実売7000円だけど確実に価格以上の満足感ある




[3]
SOUNDPEATS Spaceはデフォルトの状態だとそんなに良いとは思わない音だけど
イコライザーを自分で調整するといい感じに化ける
ズンズンくる低音が好きなら低音強調
ボーカル重視なら高音域強調




[4]
SOUNDPEATS Space
箱だしでも音に透明感があって好み
ノイキャンはそこそこ効く
これで1万円以下ならオススメできる
アプリのアダプティブイコライザーは音の良さが死ぬので無駄な機能だと思う




[5]
SOUNDPEATS SpaceはLDAC対応してないのか残念だな



[6]
>>5
そういやAnkerのヘッドホンもSpaceなんだな
あっちはLDAC対応してるようだ




[7]
SOUNDPEATS Spaceが届いたので少し使ってみたが良くも悪くも価格相応という感じ。
でもSoundcore Space Oneを買うなら4,000円くらい安いこっちを買う方が良いかも。

同じ価格帯のやつは大体このぐらいの音質かなって感じ。
音の広がりも特にないし本当に普通。
お金出せるならJBL LIVE 770 NCとか上のクラスの方がいい。

ノイキャンはまぁまぁ効いてる感じ。
遮音性は高いのでそれでも十分だと思う。

外音取り込みは相手の声が良く聞こえる反面、自分の声はガッツリ篭る。
聞き取るのがメインで会話は滅多にしないなら使える。

側圧は頭のサイズにもよるだろうけど気持ちキツく感じる。
でもイヤーパッドは柔らかくてメガネ併用も問題ない。
自分は7時間ぐらい使っても痛みは感じなかった。






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は何かすごいと思えるような点もなく普通だがアプリでカスタマイズすればいい感じになる、アクティブノイズキャンセリングはそこそこ効く程度、トランスペアレントモードは聞き取り用としてなら十分良いが会話用には向かない、装着感の良し悪しは頭の大きさで変わりそうだが概ね良好、Bluetoothヘッドホンとしては「QCY H3」(AA)よりいいと思うし「Anker Soundcore Space One」(AA)とは価格差を考えるとこちらの方がいいと思う、といった内容。

同社の完全ワイヤレスイヤホンと比べて安くても揃うものが揃っているという感じではないですが、同価格帯のBluetoothヘッドホンと比べたらどの面も劣りはしないだろうという印象。SOUNDPEATSを推したいけれどもこれはちょっと物足りないと思う人は以前のイベントで第3作目と思われるものが展示してありましたから、そちらに期待して待ってみるのもいいかもしれません。「Space」は現在6,000円弱の価格で販売されています。