『SOUNDPEATS RunFree Lite2』レビューチェック ~廉価モデルの第2世代となるオープンイヤー型Bluetoothイヤホン

SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_01.jpg


2024年4月に発売されたSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree Lite2」。
RunFree」「RunFree Lite」に続くネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホンで、これはRunFree Liteの後継機=廉価モデルの第2世代となるもの。先代と比べて本体の作りが少し変わっておりアプリも新バージョンになっていたりしますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】RunFree Lite2 – SOUNDPEATS JAPAN

画像


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_02.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_03.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_04.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_05.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_06.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_07.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_08.jpg


SOUNDPEATS_RunFree_Lite2_review_check_09.jpg
(via rlacldn123)

製品仕様


通信規格:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:LDAC/AAC/SBC
連続再生時間:約15時間
充電時間:約2時間
ドライバー:16.2mm径ダイナミック型
防水性能:IPX4
重量:約26g


各所の反応


[1]
RunFree Lite2出たんだ
前作のLiteは装着感が悪かったがLite2はフック部分がシリコンになったみたい
使いやすさに疑問があったボタンの位置も使いやすそうな箇所に変わったし
買い替えてもいいな




[2]
RunFree Liteの初代と2代目の違いはざっと見るにこんな感じ

・重量が27g→26gとほんの少し軽くなった
・ゲームモードが65ms→40msと遅延がより少なくなった
・バッテリーが130mAh→120mAhと少なくなった
・再生時間が最大17時間→最大15時間と少なくなった
・アプリがSoundPETASアプリ→PeatsAudioアプリと新しい方になってる




[3]
RunFree Lite2を早めに入手して1週間ほど使用してみた
このシリーズは使った事ないけど装着感は軽くて頭への圧迫感もなくて良いと思う
家→トレーニングジム→家で費やした3時間ずっと着けてたけど違和感なく使えた
防水性能はそんなに高くないけど汗がつく程度なら大丈夫そう
オープンイヤーだから周りの音がちゃんと聞こえるので自転車で移動する時もいける




[4]
ランニング用にRunFree Lite2買ってみました
ふりほどくように頭を激しく動かしでもしなければ落ちないと思います
走り終わった後も耳への負担は感じませんでした
音質は低価格帯の中では良いですが絶賛するほど良くはありません
音漏れはよっぽど大音量じゃなければ気にならないです




[5]
RunFree Lite2は頭の大きい自分には少し窮屈だった



[6]
骨伝導イヤホン使ってたけど空気伝導も気になってRunFree Lite2購入
音質はカナル型みたいな低音は出ないけどタイプと価格を考えると悪くない
装着感は安物の骨伝導よりは快適
アプリは自分のスマホじゃうまく動作しないんだけど改善するのだろうか




[7]
前に先代の上位モデルにあたるRunFree持ってたけど手放して
それからRunFree Lite2買ったんだけど
低音がそこまで出てない音は相変わらずな印象
でも言い換えると音質は同じレベルかもしれない

装着感は初代(自分は持ってない)と比べて良くなってるのかもしれないけど
RunFreeが合っていた自分の場合だとRunFree Lite2はイマイチに感じた
耳まわりの部分が狭い
耳が大きい人はスルーした方がいいと思う
RunFreeの後継機がもし出るなら期待したい






耳をふさがない空気伝導式のオープンイヤー型、音漏れを最小限に抑える独自の指向性構造、複合振動板を採用した16.2mm径ダイナミックドライバー、デュアルマイクによるクリアな通話品質、最少40msの低遅延を実現するゲームモード、マルチポイント対応、新バージョンのPeatsAudioアプリ対応、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は低価格帯のオープンイヤー型にしては良い方と思えるレベル(RunFreeと変わらないというコメントもあり)、装着感は頭~耳に合えば何時間も着けていられるほど快適だが頭や耳が大きめの人には合わない可能性がある、音漏れは普通の音量で聴くなら気にならない、アプリは改善の余地ありでスマホによってはうまく動作しない、といった内容。

情報を巡っていると初代の時と同様に国内外問わず公式ストアで密かに売られている感じで同社の製品にしてはPRも積極的に行われておらず、言い方は正しくないかもしれませんがテスト販売しているような印象。製品自体の出来も評価的に万人向けとは言えず未完に思える点もあり、コメントにもあったとおり上位モデルの後継機に期待した方がいいかも(それが出るかは現時点で不明)。でもサイズ的に合いそうな人(頭~耳が大きくない人)が使うなら安くて良いものになる可能性もありそうですね。「RunFree Lite2」は現在3,900円前後の価格で販売されています。