SoundPEATS、aptX Adaptiveに対応したハイブリッドドライバーの完全ワイヤレスイヤホン『SOUNDPEATS H1』

SOUNDPEATS_H1_01.jpg


海外で見かけたSoundPEATSのイヤホン「SOUNDPEATS H1」。
TrueAir2」に続くQualcomm QCC3040のBluetoothチップを採用した完全ワイヤレスイヤホンですが、こちらは1BA+1DDのハイブリッドドライバーでTrueAir2にはなかったaptX Adaptiveコーデック対応も特徴としているモデルです。

SOUNDPEATS H1 | HOME
https://www.h1.soundpeatsaudio.com/





SOUNDPEATS_H1_02.jpg


SOUNDPEATS_H1_03.jpg


SOUNDPEATS_H1_04.jpg


SOUNDPEATS_H1_05.jpg
(via Youtube)

Qualcomm QCC3040のBluetoothチップ採用、Knowles製のBAユニット+8.6mm径ダイナミック型のハイブリッドドライバー、特許取得済みのクロスオーバーネットワーク、タッチコントロール&音声コントロール搭載、左右同時接続を実現する新技術・ TrueWireless Mirroring対応、aptX Adaptiveコーデック対応、30msの低遅延を実現するゲーミングモード、高品質の通話を実現するデュアルマイク搭載、ワイヤレス充電対応&最大35時間再生を実現するバッテリーケース、現時点で公開されている主な仕様・特徴は以上。

前述のとおりTrueAir2にはなかったaptX Adaptive対応を明記しているので、AVIOTの「TE-D01gv」(AA)に続く対応モデルとなりそう。他にもハイブリッドドライバーやワイヤレス充電対応など注目の要素が多いですし、SOUNDPEATS H1の専用サイトを立ち上げているのも本気度が伺えるところ。ただ、公式SNSにKickstarterでリリースを予定しているとのコメントがあり。クラウドファンディンクサイトから展開がはじまった同社の製品は「Truengine 2」(AA)という前例があって一般販売はかなり遅れての形でしたから、これも同じ流れになるかもしれません。




SoundPEATS(サウンドピーツ)
売り上げランキング:46