『SOUNDPEATS GoFree2』 レビューチェック ~LDAC対応も特徴とする第2世代のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS_GoFree2_16.jpg


2023年11月に発売されたSOUNDPEATSのイヤホン「GoFree2」。
GoFree」「TRUEFREE O1」の後継機となるシリーズ第2世代オープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン。先代から完全にモデルチェンジした新型のイヤーフックデザインになっており、LDACコーデックやマルチポイントそれにアプリ対応なども特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】GoFree2 – SOUNDPEATS JAPAN

画像


SOUNDPEATS_GoFree2_17.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_18.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_19.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_20.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_21.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_22.jpg


SOUNDPEATS_GoFree2_23.jpg
(via zhihu)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:LDAC/AAC/SBC
連続再生時間:最大9時間
ドライバー:16.2mm径ダイナミック型
防水性能:IPX5
重量(イヤホン):約9g
重量(イヤホン+ケース):約71g


メディア・レビューサイト


SOUNDPEATS、独自技術「ラムダ型音響空間 2.0」を採用した “ながら聴き”完全ワイヤレス「GoFree 2」 - PHILE WEB

【SOUNDPEATS GoFree2 レビュー】高機能でデザイン性にも優れた高見えオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンを試す - 僕は猫だった

SOUNDPEATS GoFree2 レビュー!最高の装着感とLDAC対応でながら聴きに最適なオープンイヤーイヤホン | たいしょんブログ

スマートな見た目の高コスパオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン SOUNDPEATS GoFree2 レビュー| 繊細ガジェットレビュー

【自腹レビュー】SOUNDPEATS GoFree2は音質微妙?9の特徴&短所を正直に解説します。 | ガジェパ



耳を塞がない耳掛け型のオープンイヤーデザイン、従来より低音が増強された16.2mm径ダイナミックドライバー、音の広がりと奥行きを感じさせる音響技術・ラムダ型音響空間2.0、計4基のマイクとENCノイズリダクションによるクリアな通話品質、ゲームモード搭載、マルチポイント対応、アダプティブEQなどが利用できるSOUNDPEATSアプリ対応、最大35時間再生を可能とするバッテリーケース、ハイレゾオーディオワイヤレス認証、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、イヤーフックは柔軟性があってイヤホン部は割と薄型で耳によくフィットする、本体は軽い方で長時間でも痛くならず装着感は良好、音質はオープンイヤー型にしては低音が出ている方で先代と比べてメリハリが効いている、アプリのイコライザーを使えばある程度は補正できる感じ、音漏れはそれなりにする、通話品質は先代の方が良かったかも、ゲームモードは軽くゲームをしたり動画を見るくらいなら十分に低遅延、マルチポイントは端末次第でスムーズに切り替えできないかも、10,000円以内のオープンイヤー型としては総合力が高くてコストパフォーマンスも高い、といった内容。

各所の反応


[1]
GoFree2届いた
頭ふっても全然ズレないし長く付けてても耳痛くならそうな感じ
TRUEFREE O1よりも音は奥行きがあるような感じがするよ
ケースも小さくなって良い




[2]
自分もGoFree2届いた
音はTRUEFREE O1に近いというかあんま変わらんかも




[3]
GoFree2
軽くて装着感いいし
音もSOUNDGEAR SENSEやOWSあたりと比べると落ちるけど全然聞けるね
サブが欲しかったから丁度よかったわ




[4]
俺の耳がでかいせいかGoFree2いまいち耳にフィットしない
メガネには殆ど干渉しないけどOpenFitの方がフィット感は上だな
音質は耳穴に近づけるとかなりいいのでフィットする人にはコスパモンスター




[5]
GoFree2届いた
OpenFitとPurefree Buds持ってる

ケースの大きさはOpenFitと比べて高さと奥行きは大差なくて
幅が2cmくらい大きい程度でコンパクト
重さはイヤホン本体だとOpenFitの方が軽いけど
ケース単体だとGoFree2の方が軽いと感じる
でもケースから取り出しにくい

装着感はOpenFitみたいにフックが細いから
耳への圧迫感はかなり少ないけど挟んでる感はある
腹筋ローラー90回(1時間ほど)やったくらいじゃ外れなかった
充電端子とスピーカー部分が冷たくて初装着時はビックリした

音質は低音が盛られてて他は低音の後ろにいる様に聴こえる
プリセットの高音強調がいい感じ

操作はタッチ部分の質感が違うからやりやすいし反応も良好
音声アナウンスが風呂場かってぐらいエコーかかってて面白い

マルチポイント不安定で頻繁に音がブツ切りになったり
片方しか音でなかったりで使い物にならない

目当てのゲームモードの音もブツ切りになる
マルチポイントほど頻繁では無いが映像が乱れた時の音声みたいな音になる事がある
アプデでゲームモードとマルチポイント修正してくれ




[6]
>>5
同じくPurefree Buds持ってるんだけど
GoFree2の音質ってPurefree Budsと比べてどんなもん?
音楽聴くならどっちが良いか感想ほしい




[7]
>>6
GoFree2はロー上がりのフラット
Purefree Budsはハイ上がりのロー下がり
自分は素の状態ならGoFree2の方が聴ける
イコライザー弄った場合はPurefree Budsの方が聴ける
ホワイトノイズはgofree2の方が少ない
音場はPurefree Budsの方が広い




[8]
Gofree2届いたけど見事に初期不良でケースのランプ付かないわ
充電はされてるっぽいけどケースにしまってもペアリング解除されない事もある




[9]
うちのGoFree2はゲームモードが不安定なこと以外はこれといって不具合起こってないけど
運がよかったんだろうな、特にケースの初期不良が多いっぽいね




[10]
GoFree2の音は値段の割に聞けたから
不具合に当たらなければ悪くないと思う




[11]
GoFree2届いた。自分的にはかなり良かった。
着け心地が思ってた以上にOpenFitに近くてかなり快適。
SBCのゲームモードは今まで使った中で一番遅延が小さいと思った。
Adaptiveかそれより早い感じする。
その分か?ちょっと不安定な感じもあるけど良かった。




[12]
GoFree2はイヤーフックが柔らかく細いから
装着感はドライバー径の割に軽くていい
音はイヤホンに数万円出す人には満足できないだろうね
イヤホンには出せて数千円って人には耳に突っ込まなくてもこんな音出るの?
って衝撃的かもしれない




[13]
入門機としてはGoFree2いいと思うな
自分のは幸い不具合もないし満足してる
1万円以下ならGoFree2一択かな






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は低音が強調されていて先代に比べると音に奥行きを感じる、アプリのイコライザーやプリセットを使えばいい感じ、細いイヤーフックはShokzの「OpenFit」(AA)に近い作りで装着感も遜色ないほど良い、操作性は良好、ゲームモードの低遅延は十分に体感できる、接続が不安定だったりケースのLEDが付かなかったり初期ロット品は不具合に当たる可能性があるかもしれない、OpenFitなど価格帯が一つも二つも上のものと比べたら確実に劣るだろうけど同価格帯の中では一択と評せるほど満足、といった内容。

不具合に関しては発売してから今日までの間に在庫切れの期間が少しあったので、現在出回っているものは次期ロット品で改善されているかもしれませんし、どうしても気になる人は判明するまで様子見した方がいいかと。オープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンは既に数多く出ていて価格問わずなら名が挙がっていた上位クラスのものを選んだ方がそりゃいいに決まっていると思いますが、なるべく安くて割といいものを所望しているなら確かにこれがベストチョイスになるかもしれませんね。「GoFree2」は現在7,000円前後の価格で販売されています。