SOUNDPEATS、最大-43dBのANC搭載やLDAC対応?を特徴とする第3作目のBluetoothヘッドホン『A8』

SOUNDPEATS_A8_01.jpg


海外で見かけたSOUNDPEATSのヘッドホン「A8」。
Space」に続く通算3作目となるBluetoothヘッドホンで、製品名から考えて1作目=A6の後継機となりそうなモデル。最大-43dBのアクティブノイズキャンセリングやLDAC対応?が主な特徴。ベトナムの公式サイトなど一部の地域で製品情報の公開がありました。

【公式サイト】Tai nghe Bluetooth chụp tai SoundPEATS A8



SOUNDPEATS_A8_02.jpg


SOUNDPEATS_A8_03.jpg
(via facebook)


通信規格:Bluetooth 5.3、連続再生時間:最大70時間、ドライバー:40mm径ダイナミック型、重量:264g、最大-43dBのアクティブノイズキャンセリング、65msの低遅延を実現するゲームモード、マルチポイント対応、10分充電で最大12時間再生できる急速充電、SOUNDPEATSアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。価格はベトナム公式サイトだと現在1,600,000ドン(約9,800円)。

LDAC対応?と記載している点に関しては、製品情報のイメージ画像にLDACのマークが入っているけれども文章では一切触れていない、仕様一覧のコーデックはAAC/SBCと記載されている、パッケージにLDACとハイレゾオーディオワイヤレス認定のマークがない、と疑わしいところがあるので現時点では何とも言えず。実機はご覧のとおり存在するので日本でもそのうち発売されるのではないかと思います。