ソニーのNC搭載Bluetoothヘッドホン『WH-CH710N』が10,000円を切る

SONY_WH-CH710N_Price_Down_01.jpg


2020年6月に発売されたソニーのヘッドホン「WH-CH710N」。
デュアルノイズキャンセリング機能と35時間再生のロングバッテリーを主な特徴としているBluetoothヘッドホン。発売当時の価格は15,000円でしたが発売から3ヶ月足らずで早くも10,000円を切って販売しているところが出てきました。

ソニー 『WH-CH710N』 レビューチェック ~35時間再生できるNC搭載のBluetoothヘッドホン
https://watchmono.com/e/sony-wh-ch710n-review-check





SONY_WH-CH710N_Price_Down_02.jpg


SONY_WH-CH710N_Price_Down_03.jpg


SONY_WH-CH710N_Price_Down_04.jpg


SONY_WH-CH710N_Price_Down_06.jpg


仕様をおらさいしておくと、通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約35時間(NCオン時)、ドライバー:30mm径ダイナミック型、インターフェイス:USB Type-C/3.5mm、重量:約223g、といった内容。以前チェックした時の印象は音質もNC機能も良く言って及第点で、先代と比べてもスペックダウンしたところがありましたから、この値下がりは正直言って妥当なところかなと。ただ、10,000円を切った事で価格的な立ち位置と競合する相手が変わってくるでしょうし、この価格になっているなら同価格帯に存在する他社のモデルよりかはマシに思えてくるでしょうか。ちなみに先代のWH-CH700Nが10,000円を切った事はありません。