SOL REPUBLICのANC完全ワイヤレスイヤホン『AMPS AIR+』が13,000円まで値下がる

SOL_REPUBLIC_AMPS_AIR_Plus_17.jpg


2020年1月に発売されたSOL REPUBLICのイヤホン「AMPS AIR+」。
シリーズ第3作目の完全ワイヤレスイヤホンでアクティブノイズキャンセリング機能&アンビエント機能の搭載が主な特徴のモデル。発売当時の価格は22,000円台でしたが大きく値を下げて13,000円で販売するところが出てきました。

SOL REPUBLIC 『AMPS AIR+』 レビューチェック ~ANC・アンビエント機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン
https://watchmono.com/e/sol-republic-amps-air-plus-review-check





SOL_REPUBLIC_AMPS_AIR_Plus_18.jpg


SOL_REPUBLIC_AMPS_AIR_Plus_19.jpg


SOL_REPUBLIC_AMPS_AIR_Plus_20.jpg


SOL_REPUBLIC_AMPS_AIR_Plus_21.jpg
(via Earphoneman)

仕様をおさらいしておくと、通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約6時間(NCオン)/約8時間(NCオフ)、充電時間:約2時間、ドライバー:9mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、インピーダンス:32Ω、重量:約13g(両方)、という内容。SOL REPUBLICの日本展開は数年前みたいな進展がなくてPR活動も行っていなかったのか、このモデルを以前チェックした時は反響があまりにも少なかった印象。激戦区の価格帯に位置していたのも一因だと思いますが、ここまで値を下げていると見方が変わる人は結構多いかも。QCC512x系のBluetoothチップを採用したANC搭載モデルはLIBRATONEの「TRACK Air+」(AA)などどれも20,000円台に定着していますし、これだけが13,000円なら割安感がありますね。