『Skullcandy Rail ANC』レビューチェック ~超ド級の重低音サウンドと評されるANC完全ワイヤレスイヤホン

Skullcandy_Rail_ANC_01.jpg


2023年10月に発売されたSkullcandyのイヤホン「Rail ANC」。
同社の現ラインナップでフラッグシップ機となる完全ワイヤレスイヤホン。製品名どおりアクティブノイズキャンセリングを搭載していますが、重低音好きを虜にすると公言している12mm大型ドライバーやパーソナルサウンドなど音質面の方を注目すべきモデル。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Rail ANC True Black

画像


Skullcandy_Rail_ANC_02.jpg


Skullcandy_Rail_ANC_03.jpg


Skullcandy_Rail_ANC_04.jpg


Skullcandy_Rail_ANC_05.jpg


Skullcandy_Rail_ANC_06.jpg


Skullcandy_Rail_ANC_07.jpg
(via facebook)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
連続再生時間:約7時間(ANC ON)・約10時間(ANC OFF)
充電時間:約1時間
ドライバー:12mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
感度:97 dB
インピーダンス:32Ω
防水性能:IPX4
重量(イヤホン+ケース):49.8g


メディア・レビューサイト


Skullcandy、「重低音好きを虜にする」完全ワイヤレス - AV Watch

Skullcandy、高性能ANC機能搭載のフラグシップ完全ワイヤレスイヤホン「Rail ANC」 - PHILE WEB

【Skullcandy Rail ANC レビュー】“らしさ”全開の凄まじい重低音TWS - 僕は猫だった

Skullcandy Rail ANC review - SoundGuys

Skullcandy Rail ANC Review | PCMag

Forget AirPods Pro — at half the price, Skullcandy's Rail ANC buds are a no-brainer alternative | Tom's Guide

Skullcandy Rail ANC Earbuds Review



深く心地良い重低音を響かせる12mmの大型ドライバー、理想的なサウンドへ補正するパーソナルサウンド by Mimi、調整可能なアクティブノイズキャンセリング&外音取り込み機能、クリアボイススマートマイクによるクリアな通話品質、マットブラックとスケルトンの組み合わせた近代的なデザイン、落としてもアプリで探せるTile機能、マルチポイント対応、イコライザ設定など豊富なカスタマイズ性を備えたSkull-iQアプリ対応、最大38時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は海外も含めると数名いましたが、音質は謳い文句どおり重低音が際立つサウンドでアプリでブーストをかければより強烈になる、高音はやや暗く感じるが気になるならアプリで補正できる、ノイズキャンセリングはよく言っても及第点の出来、外音取り込みは聞き取りやすくて優秀、装着感はかなり良くて安定感も抜群、アプリは把握するのに時間がかかりそうなほど機能が豊富、重低音サウンドを第一に考えている人にはおすすめ、といった内容。

各所の反応


[1]
SkullcandyのRail ANC
重低音かなり強めでかなり気に入ってる
ギミックも面白い




[2]
SkullcandyのTWSはIndy ANC持っててRail ANCも買ったけど
聴覚測定はRail ANCの方が性能いいよ
あと重低音をON/OFFできるのも何気にすごい




[3]
重低音がすごいと一部で噂のRail ANC買った
期待どおりだったし高音域も結構良く出ている
ANCはがっつり消すというより自然に減らす感じの効き
タッチコントロールは少し慣れが必要かも
音質も機能も自分は満足




[4]
Rail ANC
ヘッドホンのCrusher Evoにはさすがに敵わないけど
完全ワイヤレスイヤホンとしては重低音が半端ない
アプリでさらにブーストかけたらもうほんとに凄い
ライブ会場みたいだわ




[5]
Rail ANC買った
音質は低音の量感が圧倒的で超ド級
曲によっては低音に押し込まれるけど中高音もある程度は維持したサウンド
とにかく低音がドスドスのゴリゴリなのでそういう音が好きな人は第一候補にしていい

ノイキャンは良く言えばマイルドな効きで可も不可もなく
外音取り込みは割と自然で聞き取りやすい
装着感は見た目に反してかなり良くて痛くなる事もない
アプリの完成度はおま環かもしれないけどイマイチ

正直言えば低音以外で強みになりそうな点はないしコスパもそんなにだけど
低音は本当に個性的で低音重視の人には刺さると思う






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。重低音がとにかく凄くてアプリでブーストかけたら超ド級と言えるレベル、中高音もある程度を維持していて悪くない、ノイズキャンセリングは良く言えばマイルドに効く、外音取り込みは聞き取りやすい、装着感は結構良い、タッチコントロールは慣れが必要、アプリは使用環境によってはイマイチな完成度に思うかも、「Indy ANC」(AD)など過去の製品と比べて機能面も優れている、といった内容。

評価から察するに重低音が一番のキーポイントとなりそう。かつて重低音をウリにしていたオーディオテクニカのSOLID BASSシリーズは「ATH-CKS30TW」(AD)など完全ワイヤレスイヤホンだとバランス重視になっていて物足りないという声もありましたが、そういう人たちにはこれが打ってつけではないかと。ヘッドホンでも震えるほどの重低音が響くなんて言われていましたしイヤホンでも期待できそうですね。「Rail ANC」は現在20,000円前後の価格で販売されています。