Skullcandy 『INDY ANC』 画像など ~Tile機能も搭載した同ブランド初のANC完全ワイヤレスイヤホン

Skullcandy_INDY_ANC_01.jpg


2021年3月に発売されるSkullcandyのイヤホン「INDY ANC」。
シリーズ展開しているINDYシリーズから登場した同ブランドで初となるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。紛失を防止するTile機能の搭載も特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。

INDY ANC
https://www.skullcandy.jp/view/item/000000000245





Skullcandy_INDY_ANC_02.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_03.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_04.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_05.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_06.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_07.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_08.jpg


Skullcandy_INDY_ANC_09.jpg
(via shihuo)

通信方式:Bluetooth 5.0、連続再生時間:約5時間(ANCオン)/約9時間(ANCオフ)、充電時間:10分充電で約2時間再生可能、ドライバー:12mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:103 dB/mW、インピーダンス:32Ω、インターフェイス:USB Type-C、という仕様。TRUE BLACK・CHILL GREY・FEISTY PINKの3色。付属品はスタビリティジェル2セット・イヤージェル3セット・USBケーブル。

ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、外音を取り込むアンビエントモード、途切れにくく低遅延を実現する左右同時伝送、紛失した際に専用アプリでおおよその場所を追跡できるTile機能、アプリで聴力を測定してサウンドを最適化するAudiodoパーソナルサウンド、IPX4の防水性能、最大32時間再生(ANCオフ)を可能とするバッテリーケース、スマートフォンアプリ・SKULLCANDY APP対応、などが特徴。

コーデックなど不明または明確に公開していない点もいくつかありますし、デザイン性に重点を置いているSkullcandyなので性能重視の人には向かないかもしれませんが、これに限らず同ブランドの製品はTile機能を搭載しているのが何気に大きなポイント。というのも完全ワイヤレスイヤホンは片方だけ失くしたみたいなコメントをよく見かけますし、経験がある人はTileが決め手になるかもしれませんね。「INDY ANC」は現在12,000円台の価格で予約受付中です。