SIVGA、日本で既に出回っている第2作目のオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『SIVGA SO2』

SIVGA_SO2_01.jpg


海外で見かけたSIVGAのイヤホン「SIVGA SO2」。
木製ハウジングのヘッドホンで知られる中国メーカーのSIVGAが日本進出する(代理店が取り扱い)という情報を見かけ、販売ラインナップの中には完全ワイヤレスイヤホンもあって情報を巡っていると、そのラインナップにはなかった第2作目のオープンイヤー型モデルが別の経路で既に出回っているようです。

【公式サイト】Welcome to Sivga !



SIVGA_SO2_02.jpg


SIVGA_SO2_03.jpg


SIVGA_SO2_04.jpg


SIVGA_SO2_05.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.3、連続再生時間:約10時間、充電時間:約1.5時間、防水性能:IPX5、重量:約10g、耳をふさがないオープンイヤー型、PU+チタンコーティングの振動板を採用した14.2mm径ダイナミックドライバー、デュアルマイクとAIアルゴリズムによるクリアな通話品質、タッチコントロール搭載、最大30時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。価格は現在10,000円台で販売中。

情報を巡っているとイヤホン本体は「1MORE FIT SE Open Earbuds S30」(AA)によく似ていると言われていましたが、イヤホンの作りは確かに酷似と言えるレベルでドライバー径など他にも似たような点がいくつもあり。仮にOEM元が同じだとしたらアプリ非対応で価格もやや高いこちらは分が悪いかなと思ったり。でもメインと言えるヘッドホンは日本でも以前から良い評価を得ていたようですし、今後の展開も含めてチェックしておきたいメーカーですね。