SIMGOT、低価格のインナーイヤー型で出してきた自身初の完全ワイヤレスイヤホン『FLD100』

SIMGOT_FLD100_01.jpg


海外で見かけたSIMGOTのイヤホン「FLD100」。
日本でも2010年代後半から有線イヤホンの製品を見かけるようになってここ1~2年でも人気モデルを輩出していた中国メーカーのSIMGOTですが、これはおそらく自身初となる完全ワイヤレスイヤホン。スペックは特筆する点がないけれども低価格になっているインナーイヤー型のモデルです。

【公式サイト】SIMGOT公式サイト|プロのオーディオブランド



SIMGOT_FLD100_02.jpg


SIMGOT_FLD100_03.jpg


SIMGOT_FLD100_04.jpg


SIMGOT_FLD100_05.jpg


SIMGOT_FLD100_06.jpg
(via weibo)


通信規格:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5.5時間、重量:3.3g、耳を圧迫しないインナーイヤー型のスティックデザイン、独自のQ-NANOフレキシブルナノコンポジット振動板やDSDOTテクノロジーを採用した13㎜径ダイナミックドライバー、ミュージックモード・ゲームモード搭載、AIアルゴリズムによるクリアな通話品質、最大27時間再生を可能とするバッテリーケース、主な仕様・特徴は以上。

価格設定は中国の公式ストアだと109人民元(約2,200円)。デザインやカラーリング的にスポーツ向けかと思わせる外観、でも防水性能に関しては記載されていないのでその用途で使う事は考えてなさそうなもの。音質に関してはレポートによればインナーイヤー型らしく音の抜けが良くて高音が少しぼやけているけれどもエントリークラスの中では良い部類に入るとのこと。有線イヤホンを主力とする中国メーカーの完全ワイヤレスイヤホンは一つ二つ出してそれっきりのパターンが割とある印象ですが、SIMGOTがこれを皮切りにどう展開していくのか注目です。