SHURE、第2世代モデルとなる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『RMCE-TW2』

SHURE_RMCE-TW2_01.jpg


2021年9月に発売されるSHUREのレシーバー「RMCE-TW2」。
RMCE-TW1」の後継機となる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーがイヤホン(=AONIC 215)とのセット品と単品の形でリリースされる模様。内容的にモデルチェンジではなくマイナーチェンジと言える程度の変化です。

True Wireless Secure Fit Adapter Gen 2 - 着脱式Shure高遮音性イヤホンに対応
https://www.shure.com/ja-JP/products/accessories/rmce-tw2





SHURE_RMCE-TW2_02.jpg


SHURE_RMCE-TW2_03.jpg


SHURE_RMCE-TW2_04.jpg


SHURE_RMCE-TW2_05.jpg


SHURE_RMCE-TW2_06.jpg
(via Amazon)

通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約8時間/約32時間(レシーバー+ケース)、耳にしっかりフィットするオーバーイヤーフィットデザイン、MMCXコネクター採用、独自設計のヘッドホンアンプ搭載、周囲の音を聞き取れる外音取り込みモード、IPX4の防水性能、ShurePlus PLAYモバイルリスニングアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。製品情報で判断できる新旧の違いは、IPX4防水の追加、カスタマイズ可能なハードウェアEQ、マイク4基によるステレオコール対応、など。

新旧どちらも購入した人によれば、IPX4防水はレシーバーのみ、ケースは側面の作りが変わったくらい、マイクは改善されている、新調する場合は先代よりこちらを選んだ方が間違いなく良い、とのこと。価格は発売前の現時点で22,000円台。先代を持っている人が買い替えるメリットはそこまでないかもしれませんが、持っていなくて新調する場合は確かに新しいこちらを選んだ方がいいでしょうね。