SHURE 『RMCE-TW1』 レビューチェック ~改善された完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

SHURE_RMCE-TW1_11.jpg


2020年10月に発売されたSHUREのレシーバー「RMCE-TW1 (True Wireless Secure Fit Adapter)」。
AONIC 215」でセットになっていた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーが単品でもリリースに。AONIC 215の初期ロット品は不具合が原因で回収されましたが、これはその不具合が改善されている模様。ちょっとチェックしてみます。

True Wireless Secure Fit Adapter - 着脱式Shure高遮音性イヤホン対応
https://www.shure.com/ja-JP/products/accessories/rmce-tw1



画像


SHURE_RMCE-TW1_12.jpg


SHURE_RMCE-TW1_13.jpg


SHURE_RMCE-TW1_14.jpg


SHURE_RMCE-TW1_15.jpg


SHURE_RMCE-TW1_16.jpg


SHURE_RMCE-TW1_17.jpg


SHURE_RMCE-TW1_18.jpg

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.0
通信距離:最大10m
コーデック:aptX/AAC/SBC
連続再生時間:約8時間
充電時間:約2時間
コネクタ:MMCX
インターフェイス:USB Type-C(ケース)


各所の反応


[#1]
Shure、完全ワイヤレス「AONIC 215」販売再開。接続や充電を改善
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1280180.html



[#2]
記事読む限りハード的には接点の改善だけっぽい



[#3]
ワイヤレスアダプタの値段ちょっと高いね



[#4]
TW-1ポチったわ。
久しぶりに846引っ張ってきて運用するけど楽しみ。



[#5]
TW1の良いとこはケースにしまわんでも電源切れるのとバッテリーが保つことだと思う
持ち歩く必要ないのでケースが大きくても問題なしです



[#6]
TW1は外音取り込み機能が便利だな



[#7]
TW1今日届いて使ってるが、電源端子以外変わってないな。
ファームは一つ前のバージョンで届くので、いきなり7.9.9にアップデートさせられる。
返品したものは電源端子を拭かないと接触不良になりがちだったが
今度のはあんまり神経質にならなくて良さそうな感じだね。



[#8]
再販TW1の本体は前の状態からファームが変わっただけなんかな?
俺は返品せずにずっと使ってるんだけど



[#9]
>>#8
イヤホンとケースの接点が接触不良対策で変わってる
TW1側のSHUREマークの下のナンバーが旧型はAxxxxだったのが新型はBxxxxに変わっている



[#10]
TW1届いた
早速846接続して使ってるけど完全ワイヤレス良すぎる
こりゃBT2には戻れんわ



[#11]
SE846で使ってるけど、音を作りすぎてるって感じ
SHUREなんだからケーブル接続時のフラットな自然な感じにしてほしかった



[#12]
TW1買っちゃったよ
色々あるけどオレ的に一番問題なのは音量が取れない(小さい)ことかな
ロックをガンガン聞こうとするとプレーヤー側の音量が最大に近くなる

あとアプリのイヤホン選択でかなり音量と味付けが変わるね
オレのイヤホンはaonic4なんだけど、アプリでaonic4を選択すると
やっぱ素直なフラットっぽい音になるけど、se215にするとかなり派手めな音になる
持ってないけどse846を選択したら音量メッチャ小さくなった



[#13]
TW1とのフィット感は自分の耳型だと
AONIC3>AONIC5=846>AONIC4=535=215の順だった。
AONIC3は耳の奥まで刺してもTW1がしっかり耳に掛かって一番しっくりくる。
4や535や215は小さすぎ(薄すぎ)て耳の奥まで刺すとコネクタが奥まりすぎて
TW1の耳掛かりが浅くなったりTW1に引っ張られて抜けてくる。





快適な装着感が持続するオーバーイヤーフィットデザイン、MMCXコネクタ採用、独自設計のヘッドホンアンプ搭載、周囲の音を聞き取れる外音取り込みモード、イヤホンを装着したまま収納可能&最大3回分の充電可能なバッテリーケース、ShurePlus PLAYアプリ対応、などが特徴。付属品はUSBケーブル。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。イヤホン~ケースの接触不良はちゃんと改善されている、ファームウェアも更新されている、音質は有線時と比べて当然劣るが完全ワイヤレスは色々な面で良い、アプリは同社イヤホンの専用モードがあって音がそれぞれ結構違う、装着感が一番いいのは「AONIC 3」(AA)だったりする、といった内容。

音質に関しては同社の「RMCE-BT2」(AA)みたいなBluetoothケーブルにも敵うはずがないので過度な期待は禁物だと思いますが、回収騒ぎの原因になった不具合が解消されたとなれば同類の中では最高峰の存在となりそう。同社のイヤホンを完全ワイヤレス化するなら言うまでもなくこの一択でしょうね。「RMCE-TW1」は現在21,000円台の価格で販売されています。