SHURE、スタジオレベルの低音とクリアなサウンドを謳う自身初の完全ワイヤレスイヤホン『AONIC FREE』

AONIC_FREE_01.jpg


海外で発表があったSHUREのイヤホン「AONIC FREE」。
同社の完全ワイヤレスイヤホンといえばBluetoothレシーバーの「RMCE-TW2」と有線イヤホンをセットにした製品ならありましたが、ちゃんとした形のものはこれが初。スタジオレベルの低音とクリアなサウンドを謳っているモデルです。

Shure 舒尔 | AONIC FREE - 真无线隔音耳机
https://www.shure.com.cn/zh-CN/products/earphones/aonic_free





AONIC_FREE_02.jpg


AONIC_FREE_03.jpg


AONIC_FREE_04.jpg


AONIC_FREE_05.jpg


AONIC_FREE_06.jpg


AONIC_FREE_07.jpg


連続再生時間:約7時間、高品質のヘッドホンアンプ搭載、物理的にノイズをブロックする遮音設計、周囲の音を聞き取れる外音取り込みモード、プリセットの選択または自身で作成できるカスタムイコライザー、優れた通話音質を実現するビームフォーミングマイク、音量調整も可能なボタンコントロール、最大21時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・レッドの2色、ShurePlus PLAYアプリ対応、製品情報にて公開されている主な仕様・特徴は以上。

現時点で情報を公開している地域は中国のみで発売は10月下旬の予定、価格はレシーバー+イヤホンの「AONIC 215」(AA)より少し安い設定。イヤホンは横長なサイズで装着イメージを見てもANC搭載モデルみたいな大きさですから、耳からはみ出るほどのサイズを嫌う人は選択肢から外れそう。でも見方を変えればANC機能を搭載していないのに今どきこのサイズで出すという事は、それだけ音質に力を入れているかもしれませんね。