SHURE 『AONIC 50』 レビューチェック ~同社初となるNC搭載のBluetoothヘッドホン

SHURE_AONIC_50_01.jpg


2020年5月に発売されたSHUREのイヤホン「AONIC 50」。
AONIC 5」「AONIC 215」などが出ているAONICシリーズから登場したBluetoothヘッドホンで、同社の製品では初となるノイズキャンセリング機能の搭載を主な特徴としたハイエンドクラスのモデル。ちょっとチェックしてみます。

AONIC 50 - ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
https://www.shure.com/ja-JP/products/headphones/aonic50



画像


SHURE_AONIC_50_02.jpg


SHURE_AONIC_50_03.jpg


SHURE_AONIC_50_04.jpg


SHURE_AONIC_50_05.jpg


SHURE_AONIC_50_06.jpg


SHURE_AONIC_50_07.jpg


SHURE_AONIC_50_08.jpg


SHURE_AONIC_50_09.jpg


SHURE_AONIC_50_10.jpg
(via weibo)

製品仕様


構造:密閉型
ドライバー:50mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
感度:97.5 dB/mW
最大入力:100 mW
インピーダンス:39Ω

通信方式:Bluetooth 5.0
コーデック:LDAC/aptX HD/aptX Low Latency/aptX/AAC/SBC
連続再生時間:約20時間
充電時間:約2.5時間
インターフェイス:USB Type-C/3.5mm
重量:334g


各所の反応


[#1]
Shure初のノイズキャンセリング搭載Bluetoothヘッドフォン「AONIC 50」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1252059.html



[#2]
Shureも参入するんだ
QualcommがANC統合チップを出したせいか
既存のヘッドホンメーカーがどんどん参入してくるようになったね



[#3]
対応コーデック完璧だな
これは気になる



[#4]
AONIC 50
USB-C端子でのデジタル接続、ハイレゾにも対応
これいいな



[#5]
xm4待ってたんだけど、AONIC50という選択肢が現れた



[#6]
5万弱か…



[#7]
ネガティブな要素は値段と可搬性か



[#8]
先日木綿3を買って低域が強すぎボワつきでショックを受けていたのだけど
Aonic 50買ったらスッキリサウンドで大満足



[#9]
AONIC50と木綿3で迷ってる
普段はcrusher ANC使ってます



[#10]
>>#9
両方買った
本当におすすめしづらいわ、キャラが違い過ぎて
低音が好きなら木綿、そうじゃないならAonic



[#11]
エオニック50、ごつくないっすか
あのなりで低音いまいちとか・・・



[#12]
>>#11
低音イマイチじゃない
木綿3の低音はハッキリ言って出し過ぎだから低音好きな人に勧める
そうでなければaonicの方が圧倒的に高解像でバランス良い



[#13]
AONIC50はXM3より100g近く重いのがね
もう少し軽ければね



[#14]
AONIC 50届いたけど、意外と重さは気にならないんだよ。
装着時はバンドが負担を均等に分散してくれるのか。
ただ、かさばるね。付属のケースは使いたくない。

あと気になったのは、オートパワーオフがない。
環境モードとノイズキャンセリングの切り替えが3段階のスライドスイッチなんだけど
真ん中で止めるのが難しい。
まあ、真ん中(両方の機能をオフ)はそんなに使わないし、慣れれば解決かもだけど。
音はものすごく好みだ。でも濃い音なんで好き嫌いが分かれるかな。



[#15]
スライドスイッチすげえ使いにくい
そんな頻繁に変えるもんでもないけど気になるわ



[#16]
Aonic 50のNCはより低音(エンジン音やロードノイズ)に効果的で
WH-1000XM3のNCは中音(人の声)に効果がある
NCH700はこの2つより1段落ちる



[#17]
AONIC50を有線で聴いてみたら、びっくりするほど物凄く良い音。
良いDAP持ってるならわざわざ有線で聴く価値あるわ。
さらに静かな場所でノイズキャンセリングをオンオフしても
切り替わったのがわからないくらい音に差がないのもすごい。



[#18]
最近Aonic 50と木綿3買ったけど技術の進歩を感じるわ
最近のワイヤレス技術すごすぎ



[#19]
>>#18
用途同じだろうに両方買うのはすごいな
せっかくだから比較レビュー頼むよ



[#19]
>>#18
片方充電してるときに片方使えるように同時に買ったんだよね
比較できるほどオーディオオタでもないけど簡単に比較すると

音楽を聞いてて楽しい、低音が気持ちいい→木綿3
音が綺麗、解像度高くて楽器の音がよく聞こえる→Aonic 50

ノイキャンは両方とも最大にした場合Aonic50のほうが効くけど
ホワイトノイズが結構するし音質もかなり変化するから基本ノーマル運用
ノイキャンの強さは大体こんな感じ
Aonic 50最大>木綿3最大≒Aonic 50ノーマル>木綿3風切り音

外音取り込みは若干差でAonic 50のほうが自然だけど正直大差ない



[#20]
つけ心地は個人差あると思うけど自分の頭と耳では
木綿3のほうが長時間つけてても気にならない感じだった
Aonic 50はやっぱり少しだけ重く感じるのと耳がハウジング部分に当たって少しずつ痛くなるけど
これは耳の大きさによると思う

誰かが言ってたけどゼンハイザーの音作りが好きで音楽を楽しみたいなら低音が気持ちいい木綿3
中高音重視、解像度高いモニターライクな音が好きならコーデックフル装備で充電も速いAonic 50
どっち買っても価格以上に満足すると思うし、がっかりすることはないと思う



[#21]
あと一番感動したのは
apt-x llだとワイヤレスでも音ゲーが遅延をまったく感じずにできたことかな
ゲームでも使いたかったからapt-x ll対応機種だったのが購入の決め手



[#23]
aonic50とテクニクスの完全ワイヤレスは最近買った中のヒットだわ。
ノイズキャンセリングもここまできたかって感じ。



[#24]
Aonic50良さそうですね
つけ心地とか重さはどうすかね?メガネで頭でかいもんで



[#25]
>>#24
自分の場合は最大限に伸ばしてピッタリなので人によっては小さいかも?
着け心地、軽さは並。



[#26]
AONIC50届いた、aptXHDでの感想

解像感の良いフラット
モニターなんだけどささりもないし聞き疲れもしない

ノイキャン
ノーマル・・・音楽流さなくてもノイズなし
最大・・・小さくホワイトノイズ有りノーマルに比べて低音から高音まで全体的に音量が1段下がる

外音取り込み・・・10段階
10にするとヘッドホンなし以上に外音を拾う
結構音量高いままでも外音も問題なく聞こえるレベル

DAPとスマホに同時接続できるからDAPで音楽聞きながらノイキャン外音設定変更できる



[#27]
AONIC50届いた
かなり良い出来だがiBasso DX160/DX200でLDAC接続すると
楽曲によってはジィ―――ンとした共鳴音みたいなノイズ・異音が混じるな
ノイキャンOFFでもONでもイコライザーOFFでもONでも聞こえる

Shureの接続アプリをインストールすると
現在接続しているコーデックが表示されるが変更することは出来ない

Androidの開発者オプションで強引にaptXHDにすると異音は消えるし
ZX300のLDACだと異音は無い
AONIC50側の問題ではないかもだが、、、



[#28]
aonic50、他のレビューでも見かけるけどLDACで変なノイズが乗る。HUAWEIのMate20proで再生。
aptx-HDだとなかなか良いね。バランス良くてMomentum3よりもタイトな感じ。
テレワークで通話も使ってるけど、マイクにノイズが乗ると言われる以外は良いかな。



[#29]
aonic50、電車で使ってきました。
窓開きの在来線とあまりうるさくない地下鉄(有楽町線)で使用。

ソニーのWH-1000XM3と比べてノイキャンは「最大」でもちょい負け。
何度もソニーととっかえひっかえしたのだけど、やはりソニーが少し上。
でもノイキャン性能差でソニーを選ぶかというとそこまでの差はない感じ。

なので「最大」はノイキャン性能としては満足なのだけど
気になるのが音質低下と音量低下、それから電車のすれ違いみたいな大きな気圧差がある時に
破裂音のようなのが大きめなのが気になった。

音質については、外音取り込み、ノイキャンオフ、ノイキャンノーマルでは
あまり差もなく満足なのだが、ノイキャン最大だけが大きく音質劣化するのが惜しい。

ちなみにノイキャン性能でいうと、ノーマルはかなり弱くノイキャンオフとの差があまりない。
ただイヤーパッドでのもともとの遮音性が高いので
それほどうるさくないときに微調整でノーマルとオフを使い分けるのはありかと。

あと外音取り込みでは風切り音が気になった。
仕方ないっちゃそうなんだけどソニーよりも目立つかな。



[#30]
aonic 50在来線(京阪)で使ってみました
ノイキャン最大で対向車とすれ違うと上での言われてるとおり
すれ違い時にパンって感じの破裂音がある
ノーマルのノイキャンはもう一段効いてるといい感じだけど
個人的にはパッドの遮音と併せてそれなりに効いてるし、これでもいいかなという感じ



[#31]
AONIC50
クッションがちょうどいい反発力と柔らかさなのでメガネをしていても違和感なくつけられる
耳部分への締りでしっかりホールドされる感じで首への負荷は感じないな
とはいえXM3みたいな軽さはないからパーソナルスペースを確保できるところ向けかな
歩きヘッドホンの文化は持ってないから分からんが
これをつけて電車の立ち乗車やブラブラ歩いたりしたいとは思わんな



[#32]
AONIC50 感想

音質(aptX HD時)は値段相応。
超高級ヘッドホンみたいな上品な共鳴、反響のようなものは一切なく
スッキリとしていてジャンルを選ばない。
普段HD660sを使っている自分からすると違和感なく聞いていられるし
籠った感じが一切なくHD660sよりヌケが良い。

音場感は並み。低音のアタック感は弱く解像感もそれほどでもない。
ボーカルと高音はクリアで解像感が高い。
極端にハイ上がりということもなく、いわゆるハイレゾ世代のフラットチューニング。

Shureの接続アプリにイコライザーがついているが
どうやらこれはこのアプリで再生する時に反映されるもので
Powerampとかのプレイヤーアプリに対しては効いてない。

遅延はPS4 --> Creative BT-W2 (aptX LL) --> AONIC50でほとんど感じない。
ゲームもBD鑑賞もOK。





雑音を除去して臨場感のあるリスニング体験を実現するアジャスタブル・ノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込むことができる外音取り込みモード、独自設計のプレミアムヘッドホンアンプ搭載、3.5mmでの有線接続対応、ハイレゾデータの入力もサポートするUSB音声入力対応、15分充電で約4時間再生できる急速充電対応、ブラック・ブラウンの2色、各設定が行えるShurePlus PLAYアプリ、などが特徴。付属品は保護用携帯ケース・オーディオケーブル・USBケーブル。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音はフラット傾向で高解像かつバランスが良い、NC機能は最大にすると効きは強いが妙な音が発生したりホワイトノイズ・音質劣化が気になったりとあまり実用的ではない、aptX HD接続は良い音だしaptX LL接続は遅延がほとんどない、LDAC接続は現状だと不具合?あり、切り替え用のスライドスイッチは使いにくい、重量は数字ほど気にならないが当然軽くはない、価格以上の満足感は得られる、といった内容。

SENNHEISERの「MOMENTUM Wireless」(AA)とは音の個性が違っていてNC機能は同等、ソニーの「WH-1000XM3」(AA)と比べてNC機能は劣るがエンジン音みたいな低音には効果的、とのこと。その2つより重量があるのでポータブルにはあまり向いていないと思いますし、気になる点もいくつかあって完全無欠とは呼べない印象ですが、評価的に音質はBluetoothヘッドホンの中でもトップレベルの感があり。人によってはベストな存在になるかもしれませんね。「AONIC 50」は現在48,000円台の価格で販売されています。