『SHURE AONIC 50 GEN 2』 レビューチェック ~空間オーディオが高く評価される第2世代のANCワイヤレスヘッドホン

SHURE_AONIC_50_Gen2_01.jpg


2023年9月に発売されたSHUREのヘッドホン「AONIC 50 GEN 2」。
AONIC 50」の後継機でシリーズ第2世代となるアクティブノイズキャンセリング搭載のワイヤレスヘッドホン。Snapdragon Sound対応や空間オーディオモードも特徴としており、特に後者が音質向上の面で高く評価されているようですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】AONIC 50 GEN 2 - ワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドホン - Shure 日本

画像


SHURE_AONIC_50_Gen2_02.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_03.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_04.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_05.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_06.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_07.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_08.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_09.jpg


SHURE_AONIC_50_Gen2_10.jpg
(via Youtube/naver)

製品仕様


通信方式:Bluetooth
コーデック:LDAC/aptX Adaptive/aptX HD/aptX/AAC/SBC
連続再生時間:最大45時間
ドライバー:50mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 22,000Hz
感度:97.5 dB/mW
インピーダンス:39Ω
最大入力:100 mW
インターフェイス:USB Type-C/3.5mm
重量:約337g


メディア・レビューサイト


Shure、ANCワイヤレスヘッドホン「AONIC 50 第2世代」。独自の空間オーディオ機能を搭載 - PHILE WEB

独自の“空間オーディオ”にANC強化で魅力アップ!「AONIC 50 第2世代」レビュー - PHILE WEB

ASCII.jp:音・ノイキャン・装着感!「快適さ」がひと味違うシュア「AONIC 50 Gen 2」

3年を経て別物に SHURE「AONIC 50 GEN 2」のノイキャン性能、飛行機で試してみた - ITmedia NEWS

SHURE AONIC 50 GEN 2 レビュー|一台三役!? ワイヤレスもモニターもライブ映像もこれ一つ | カジェログ

Shure Aonic 50 Gen 2: unparalleled connectivity, both with wires and without | TechRadar

Shure AONIC 50 (Gen 2) review - SoundGuys

Shure Aonic 50 (2nd Gen) - Test - Tek.no

Shure Aonic 50 Gen 2 review: confident over-ear cans | T3



カスタム設計の50mmダイナミックドライバー、周囲の騒音を効果的に除去する新しいハイブリッドアクティブノイズキャンセリング、周囲の音が確認できる外音取り込みモード、自然で広がり感のあるサウンドステージを再現する空間オーディオモード、計6基のマイクによるクリアな通話品質、カスタマイズ可能なEQと複数のプリセットをアプリで利用可能、USB接続で最大32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応、Snapdragon Sound対応、ShurePlus PLAYアプリ対応、15分充電で約5時間使用できるクイック充電機能、USBケーブル・アナログケーブル・キャリングケース付属、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は海外も含めると数名いましたが、素の音質は好みが分かれるかもしれないがEQや空間オーディオモードを活用する事でジャンル問わず楽しめる、特に空間オーディオモードは購入の決め手になりそうなほど優秀、有線接続の音も高解像度でさらに良い、ANCはそれなりに効くが風切り音に弱いしトップレベルに遠く及ばない、外音取り込みモードはかなり聞き取りやすい、マルチポイント対応でLDAC併用もいける、アプリは非常に使いやすい、重量は人によって気になりそうだが装着感はあまり負担を感じず良好、オールブラックになったデザインもカッコイイ、といった内容。

各所の反応


[1]
AONIC 50 Gen2試聴
音はリスニング寄りになったのと空間オーディオに感動
本体は軽くなったしケースが小さい




[2]
AONIC 50の第2世代聴いてみた
ノイズキャンセリングの効き結構良いのに圧迫感とか嫌な感じはなかった




[3]
AONIC50の第2世代を試聴してきた
LDAC接続であの音なら十分すぎる
特にスネアのキレは素晴らしかった




[4]
AONIC50の第2世代は見た目のカッコよさが増しているのも良い
音はLDACで聴いたらとても良かった
側圧ちょい強め




[5]
AONIC50 GEN2、アプリインストールして試聴したけど
「オリジナル性を持ちつつプレミアムオーディオシステムで」
と謳う空間オーディオは伊達じゃない感じ




[6]
ワイヤレスヘッドホンを一通り試聴してきたけど
AONIC 50 Gen2が1番好きな音が鳴る
BoseのQCシリーズに飽きた人とかにオススメだと思う
ただしノイキャンの精度はBoseやゼンハイザーのが上
外音取り込みモードは聞こえ過ぎってくらい聞こえる




[7]
AONIC 50 GEN2の空間表現モードはほんと良いね
反面ANCはライバルには敵わないと思った




[8]
SHUREのAONIC 50 Gen2届いた
オールブラックはカッコイイね
ケースがまともなサイズになったのも改良点
音は空間オーディオ機能が本当に良くてそれだけで初代より上に感じる
ANCは上と比べなければ十分
外音取り込みは手持の中ちで最強レベルで音を拾ってくれる




[9]
AONIC50 GEN2試聴した時はこんなもんか?と思ったけどEQイジったら本性を現した
それと重量が懸念だったけど剛性高いし重量バランスがいいのか装着感は意外といい
あとオールブラックの見た目が最高すぎで100点満点




[10]
AONIC 50の第2世代は箱出しでも音いいなと思ったけど
エージングしてから聴いてみたら音の感じが変わってさらに良くなった
空間オーディオを音楽に設定するだけでイコライザはオフで十分聴ける
イコライザが細かく設定できるけどイジるのが面倒ならそれを選べばよい




[11]
AONIC50 Gen2高かったけど妥協しなくてよかったよ
空間オーディオの音質が本当に素晴らしい
あとイコライザが本体保存なのもいい
スマホで調整したイコライザのままPCにつないでも再現してくれる
音はちゃんとしたコーデックで聴くとほんとすごいよ




[12]
AONIC 50 GEN2購入
Bluetooth接続でも期待通りの音質
空間オーディオは音楽モードもシネマモードも素晴らしい




[13]
AONIC50二代目の接続コーデック確認したけど
96kHz/32bitまで対応のLDAC接続です




[14]
AONIC50 Gen2の音圧すごいな・・・
初代も良かったけどこっちの方がすごい




[15]
SHUREのAONIC50 Gen2届いた
箱出しからもう良い音
空間がオーディオは一度聴くと後戻りできないくらいの気持ちいい
USB接続も手持ちの有線ヘッドホンに負けないくらいの解像度でちょっと感動
XM5やMOMENTUMも素晴らしいと思ってたけどその上を行く感じ
とにかく買って損はないイチオシのヘッドホン






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は箱出しの状態でも良いと思えるしLDAC接続なら申し分ない(96kHz/32bitで接続できる)、空間オーディオモードの表現は素晴らしくてこれだけでも初代から進化を感じる、アプリでEQ調整もできるが空間オーディオモードを使えば十分すぎる感じ、USB接続も音が良くて解像度の高さは感動するほど、ANCはトップクラスと比較しなければ必要十分なレベル、外音取り込みはトップクラスと言えるほど高性能、装着感は重量があっても上手く分散されていて思っていた以上に良い、オールブラックのデザインも進化したと言える、といった内容。

ANCの性能はソニーの「WH-1000XM5」(AA)などトップクラスに到底敵わないようですが、音質は逆に上をいくハイレベルのようで特にLDAC接続+空間オーディオモードは大絶賛と言えるほど高評価を得ている印象。外音取り込みモード・有線接続・アプリ・装着感・デザインも好評のようですし、ANCより音質を重視する人なら次の候補として注目すべきかと。高いですけど初代から買い替える価値も十分ありそうですね。「AONIC 50 GEN 2」は現在50,000円前後の価格で販売されています。