シャープ 『RACTIVE Air EC-AR3SX』 レビューチェック ~軽量かつコンパクトなコードレス式スティッククリーナー

SHARP_EC-AR3SX_01.jpg


2019年2月に発売されたシャープの掃除機「RACTIVE Air EC-AR3SX」。
軽量かつコンパクトサイズのコードレス式スティッククリーナー。既に後継機となる「RACTIVE Air EC-VR3SX」が出ている状況ですが、こちらもまだ市場に残っていて以前より安く販売されている模様。ちょっとチェックしてみます。

EC-AR3SX | 掃除機:シャープ
https://jp.sharp/souji/products/ecar3sx/



画像


SHARP_EC-AR3SX_02.jpg



SHARP_EC-AR3SX_03.jpg



SHARP_EC-AR3SX_04.jpg



SHARP_EC-AR3SX_05.jpg



SHARP_EC-AR3SX_06.jpg



SHARP_EC-AR3SX_07.jpg



SHARP_EC-AR3SX_08.jpg



SHARP_EC-AR3SX_09.jpg



SHARP_EC-AR3SX_10.jpg



SHARP_EC-AR3SX_11.jpg



SHARP_EC-AR3SX_12.jpg
(via 価格.com)

各所の反応


[#1]
シャープ、1.5kgの超軽量スティック掃除機に大風量高圧3Dファンモーターを搭載した「RACTIVE Air」
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1184332.html



[#2]
ラクティブエアとラクかるスティックを色々と触ってきました。
実際にゴミ吸ってきたけど吸引力はどちらもさほど変わらなかったかな。
両方とも軽くて良い感じだね。



[#3]
>>#2
どっちが軽かった?



[#4]
>>#3
持った感じはほんの少しだけラクかるスティックの方が軽いかなーって気がした。
でも、ほとんどわからない。
ラクティブエアはドライカーボンの部分がカッコよくなってたよ。
何かキラキラしてた。今はラクティブエア購入に心が傾いてる。



[#5]
本命は新しいラクティブエアかな。
吸引力30%アップしてるし。



[#6]
ラクティブエアの2Sと3Sってそんなに吸引力違うのかな?
30%吸引力アップって言われてるけど。



[#7]
>>#6
初期の本機から使ってるけど吸引力も音も然程変わらないよ
2018機も30%(1.3倍)向上と発売してたけど古い機種と大差なかったな
バッテリーも初期と同じものが採用されてる



[#8]
さっきEC-AR3SX-Nをポチッたぞ。
色々悩んだけど、軽くて使いやすそうで見た目が好みなのを選んでみた。
届くのが楽しみ。



[#9]
新しいRACTIVE Air EC-AR3SX-N(ゴールド)が届いたぞ。
ちょっとだけ使ってみたけど、音は結構すごいな。
手軽に使えそうでこまめに掃除できそう。



[#10]
この前買ったEC-AR3SXだけどとても良いよ。気軽に掃除できて良い感じ。
買う前は吸引力弱いのかな?って思ってたけど、実際使ってみたらそうでもないよ。
全然普通にお掃除できてます。



[#11]
さきほどラクティブエアー3Sで掃除しました。
やはり軽さは正義だね。気軽に掃除できる。



[#12]
RACTIVE Airとどいた
弱だとかなり弱いけど髪の毛や表面のホコリ程度は弱でもいけるな。
サブ掃除機のつもりだったが結構出番増えそう。



[#13]
EC-AR3SX-Pを36000円ぐらいで購入
フローリングと畳だから問題ないけどカーペットだと弱いと感じるかも
マキタも気になったけどデザイン可愛くて気分が上がるからいいかな
バッテリー内蔵式はバッテリー壊れたときに本体ごと修理って言われたからやめたんだ



[#14]
AR3SXを使ってるけどいいよ
軽い
自動で強弱が切り替わる
2個付属のバッテリーを簡単に交換できる
充電時間が80分



[#15]
去年親にシャープのAR3Sを買って軽くて気に入った。





本体一式で1.5kgの軽量ボディ、吸引性能が従来よりパワーアップした大風量高圧3Dファンモーター、モーターの能力を最大限に引き出すフルパワーモード、新シャッター構造でラグ越え機能などを搭載したヘッド、軽くて丈夫なドライカーボン製パイプ、丸ごと水洗いできるダストボックス、色々な場所に立てかけられるラバー製のちょいかけフック、バッテリー着脱式&バッテリー2個付属、などが特徴。カラーは計2色、サイズは幅223x奥行き220x高さ980mm、駆動時間は自動モード:約40分・強モード:約16分。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。軽いので気軽に掃除できるし吸引力は思っていたよりも十分、ただし従来よりパワーアップはさほど感じない、動作音は結構すごい、自動モードはその名のとおり強弱が自動で変わる、デザインが良い点とバッテリーが交換できる点も好印象、日立の「ラクかるスティック PV-BFL1」(AA)と軽さや吸引力はほとんど変わらずでどちらも良い感じ、といった内容。

この「EC-AR3SX」は現在34,000円台の価格で販売中。後継機のEC-VR3SXと仕様を見比べて違う点はサイズ・重量・ダストボックスの構造・グリップセンサーの有無、以上の4点。基本性能は変わっていないようなので、新旧の最大ポイントは200gの重量差になるかと思われる。その差が重要でないなら今のところ若干安いこちらを選ぶのもありでしょうか。また、バッテリー1個のスタンダードモデル(EC-AR3S)は現在30,000円台、今後の値動き次第ではそちらを狙うのもいいかもしません。




シャープ(SHARP)
売り上げランキング: 29