シャープ 『AQUOSサウンドパートナー AN-SS2』 レビューチェック ~aptX LL対応になったウェアラブルネックスピーカー

SHARP_AN-SS2_01.jpg


2020年7月に発売されたシャープのスピーカー「AQUOSサウンドパートナー AN-SS2」。
AQUOSサウンドパートナー AN-SS1」の後継機となるウェアラブルネックスピーカー=ネックバンド型Bluetoothスピーカーで、リフレクター構造やaptX LLコーデック対応などを新たな特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

サウンドパートナー AN-SS2|ウェアラブルネックスピーカーAQUOS|アクオス:シャープ
https://jp.sharp/soundpartner/products/anss2/



画像


SHARP_AN-SS2_02.jpg


SHARP_AN-SS2_03.jpg


SHARP_AN-SS2_04.jpg


SHARP_AN-SS2_05.jpg


SHARP_AN-SS2_06.jpg


SHARP_AN-SS2_07.jpg
(via マイナビニュース)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.0
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:aptX Low Latency/aptX/AAC/SBC
連続再生時間:約16時間
充電時間:約2時間30分
通信距離:約10m
インターフェイス:MicroUSB
サイズ:幅184x奥行き185x厚さ18mm
重量:約88g


各所の反応


[#1]
シャープ、約88gの首掛けスピーカー “AQUOS サウンドパートナー”「AN-SS2」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202005/21/50378.html



[#2]
技術面ではaptXLLに対応したくらいで音は全機種と変わりなしかな
軽さは正義だからそこそこ売れるやろう



[#3]
ss2の写真見直したらss1と形けっこう違うな
これは実物聴いてみるまでわからんね



[#4]
AN-SS2は機能的な事は他にもIPX4相当の防水やクリアボイス機能が付いたって
テレワークの今の時代にはいいかもしれん



[#5]
an-ss2はtype-cじゃないのかよ



[#6]
赤色のがあるんだな。ちょっと欲しい。



[#7]
AN-SS2の購入を考えていますが
aptx-LLというのは映画やアクションゲームなどで気になる程の遅延でしょうか?



[#8]
>>#7
テレビのスピーカーと同時に鳴らすと
aptXLLでも0コンマ何秒か遅れてるなあというのは分かる
けどaptXLL単体ならあまり気にならない程度だと思う
感じ方には個人差があるので断言はしない



[#9]
AN-SS2試聴してきたけど微妙だった
低音は明らかに減った
パッシブラジエーターは廃止かな?
うるさい家電店だから自信ないけど中高音もあんまりに感じた
これならss1の方がいいかな



[#10]
初ネックスピーカーにan-ss2を買ったけど、4mくらい離れると結構ノイズが入るね。
あと、一度スマホに繋ぐとスマホ優先で繋がることが多くて面倒。
その他は音質には期待してなかったし遅延は少ないから概ね満足。



[#11]
ノイズや途切れは送信機をテレビの裏に置いていたのが良くなかったみたい。
送信機をテレビの正面に置いたらかなり改善した。



[#12]
音が良いのは重い。
重さは主観だけど映画で2時間つけるなら軽いが正義。



[#13]
>>#12
オススメは何ですか?



[#14]
>>#13
重さの感覚と用途によるよ。試聴(試着)して決めるのが良い。映画見るなら低遅延は必須。
軽くて低遅延だとnagarakuとかan-ss2だけど、軽いので低音、迫力は弱い。
個人的にはネックスピーカーには軽さを求めるのでnagarakuかan-ss2かな。



[#15]
AN-SS2を使ってるよ。
確かに軽くて低遅延。
以前はJBLを使ってたけど重たかった。
仕事しながらだと軽いのが良い。
低音は出ないけどね。





長時間でも快適に使える約88gの軽量ネックバンドデザイン、耳に向かって音が効率よく流れるリフレクター構造、IPX4の防水性能、低遅延のaptX Low Latencyコーデック対応、2台同時に接続できるデュアルストリーミング対応、人の声がくっきり聴こえるクリアボイス機能、テレビなどの機器に接続して使えるBluetooth送信機を同梱、ブラック・ホワイト・ローズゴールド・レッドの4カラーラインナップ、などが特徴。付属品はUSBケーブル2本・オーディオケーブル。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は先代から進化しているとは言えず低音はむしろ出なくなっている、音も軽いが本体も軽いので映画視聴など長時間使う時は苦にならない、aptX LLの低遅延は体感できるレベル、送信機はテレビの手前に置いて使った方がいい(裏に置いたりすると音の途切れやノイズが発生する)、音質を求めるなら「JBL SOUNDGEAR BTA」(AA)の方がいいけれども軽量ボディを求めるなら最適な選択肢の一つ、といった内容。

製品情報を見てなんとなくわかると思いますがこのスピーカーはテレビで使う事を前提にしているようなモデルで、音質よりも使用感を重視というか使用感が最優先で音質はトレードオフになっている印象。上記のSOUNDGEARは音質が良くても重量が約370gとこちらに比べればとんでもなく重いですし、コメントにあるとおり”軽いが正義”のスタイルならこれが第一候補になるでしょうね。「AQUOSサウンドパートナー AN-SS2」は現在13,000円台の価格で販売されています。




シャープ(SHARP)
売り上げランキング: