『SENNHEISER ACCENTUM Wireless』 レビューチェック ~廉価版・後継機のどちらで見るかで評価が変わりそうなBluetoothヘッドホン

SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_06.jpg


2023年10月に発売されたSENNHEISERのヘッドホン「ACCENTUM Wireless」。
MOMENTUM 4 Wireless」の廉価版とも「HD 450BT (HD 450SE/HD 458BT)」の後継機とも言われているBluetoothヘッドホン。MOMENTUMを少し安っぽくしたようなデザインで37mm径ダイナミックドライバーやアクティブノイズキャンセリング搭載などを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Sennheiser ACCENTUM Wireless

画像


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_07.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_08.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_09.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_10.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_11.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_12.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_13.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_14.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_15.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Wireless_16.jpg
(via bk32167)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:aptX HD/aptX/AAC/SBC
連続再生時間:最大50時間
充電時間:約3時間
ドライバー:37mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:10 - 22,000Hz
感度:106 dB/mW
インターフェイス:USB Type-C
重量:222g


各所の反応


[1]
ゼンハイザー、ANCオンで50時間持つワイヤレスヘッドホン「ACCENTUM Wireless」。約3万円
https://www.phileweb.com/news/d-av/202309/26/58982.html

ACCENTUM Wirelessレビュー。“高品質を身近にする”期待に応えた「みんなのゼンハイザーのヘッドホン」
https://www.phileweb.com/review/article/202311/29/5343.html




[2]
MOMENTUMの廉価版か
新製品でaptX Adaptive対応じゃないのはなぁ




[3]
ACCENTUM WirelessはHD450BTの後継機として出るようだな
HD450BTは装着感が微妙だったからそこが改善されてたら買いかもしれない




[4]
ACCENTUMにしようと思ったけどやはりMOMENTUM4にする
後悔したくない




[5]
ACCENTUM Wireless届いた。
軽くて快適で側圧はしっかりめ。
音はSENNHEISERらしいサウンドだが低音強め。
ノイキャンはそこそこ効きそう。
ボタン操作なので誤操作ないのはいい。
これで3万円以下は安いと思う。




[6]
比較的安価でゼンハイザーサウンドを聴きたかったので
ACCENTUM Wireless購入
少し聴いてみたが解像感高め




[7]
ACCENTUM Wireless試聴したけどMOMENTUM4聴いた後だと
音の情報量が足りないし低域がただ強いだけという感じ
明確な差がある




[8]
ACCENTUMの音の方向性はMOMENTUM4と似てる
解像度や低域の質感や音場の表現はMOMENTUM4の方がいいけど
価格差を考えるとACCENTUMもいい






高性能37mmトランスデューサー、邪魔な音をブロックするハイブリッドアクティブノイズキャンセリング、外の音を聞き取れる外音取り込み機能、プロテインレザーを用いたイヤーパッド、直感的に操作できるという4つの物理ボタン、マルチポイント対応、イコライザー調整・ファームウェアアップデートなどが行えるSmart Controlアプリ対応、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音強めのサウンドで価格を考えると悪くないがMOMENTUM 4に比べたら音の情報量や解像度は明確に劣る、ノイズキャンセリングはそこそこ効く、物理ボタンはミスすることなく操作できるので良い、MOMENTUM 4より新しいがaptX Adaptiveコーデックに対応していないのは残念、といった内容。

情報を巡っているとMOMENTUM 4の時と比べて反響の少なさを感じましたが、MOMENTUM 4に劣るのは明白ですし廉価版でもそこまで安いわけではありませんし、どうせ買うならMOMENTUM 4の方を・・・という人も多そうなので反響が少ないのも腑に落ちるでしょうか。個人的な印象だとSHUREの「AONIC 40」(AA)を彷彿とさせる立ち位置で、現状だとなんというか妥協感が強いなと感じたり。

一方でHD 450BTの後継機として見れば確実に進化している、でも価格はまだ高く感じるのでもう一押しほしいところ。HD 450BTの系統ならセールやキャンペーンで安くなる機会がちょくちょくありそうですから、時が経って動きがあれば今とは評価が違ってくるかもしれませんね。「ACCENTUM Wireless」は現在26,000円台の価格で販売されています。