『SENNHEISER ACCENTUM Plus Wireless』画像など ~色々と強化された廉価シリーズのBluetoothヘッドホン

SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_06a.jpg


2024年2月に発売されるSENNHEISERのヘッドホン「ACCENTUM Plus Wireless」。
ACCENTUM Wireless」の強化版となる廉価シリーズのBluetoothヘッドホンで、ドライバーやデザインはほぼそのままにアクティブノイズキャンセリングなど機能面が強化されているモデル。当初は春以降の発売予定となっていましたが2月8日に急遽決定。ちょっと見てみます。

【公式サイト】Official website and online shop | Sennheiser



SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_06b.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_07.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_08.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_09.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_10.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_11.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_12.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_13.jpg
(via zol.com)


通信方式:Bluetooth 5.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:aptX Adaptive/aptX/AAC/SBC、連続再生時間:最大50時間、充電時間:約3時間、ドライバー:37mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:10 - 22,000Hz、感度:106 dB/mW、インターフェイス:USB Type-C、重量:227g、という仕様。自社開発の高性能37mmトランスデューサー、フラッグシップ機と同じチップを使用したハイブリッドアダプティブノイズキャンセリング、首位の音を聞き取れる外音取り込み機能、着脱で自動的に再生/一時停止を行うスマートポーズ機能、サウンドパーソナライズも利用できるSmart Controlアプリ対応、キャリングケース付属、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。

通常モデルとの主な違いは、コーデックがaptX HD→aptX Adaptiveに変更、ノイズキャンセリングがハイブリッド→ ハイブリッド&アダプティブに強化、マイクの数が5個→6個に増加、スマートポーズ機能が追加、サウンドパーソナライズが利用可能になった、など。投稿されていた製品レポートを参考にすると音質・ノイズキャンセリング・コントロールは「MOMENTUM 4 Wireless」(AA)に匹敵すると言われていましたが、PR記事だったのでどこまで信じていいのか難しいところ。価格は現在38,000円台で予約受付中。通常モデルより確実に良くても価格は12,000円ほど高い、MOMENTUM 4 Wirelessは安いところだと43,000円前後で売っている、そのあたりを考えると今はまだ微妙な立ち位置に思えます。

【関連記事】『SENNHEISER ACCENTUM Plus Wireless』レビューチェック ~廉価シリーズの強化版となるBluetoothヘッドホン