SENNHEISER、廉価シリーズの強化版となるBluetoothヘッドホン『ACCENTUM Plus Wireless』

SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_01.jpg


海外で見かけたSENNHEISERのヘッドホン「ACCENTUM Plus Wireless」。
2023年10月に発売された「ACCENTUM Wireless」の強化版となるBluetoothヘッドホンで、ドライバーは同じ37mm径ダイナミック型で本体のデザインも変わっていないように見えますが、機能面が強化されている模様。日本では春に発売予定と報道がありました。

【公式サイト】Sennheiser —ヘッドフォン、マイク、ワイヤレスシステム - Sennheiser



SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_02.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_03.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_04.jpg


SENNHEISER_ACCENTUM_Plus_Wireless_05.jpg
(via Youtube)


通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:aptX Adaptive対応、重量:227g、独自開発の高性能37mmトランスデューサー、上位シリーズと同じチップを使用したハイブリッドアダプティブノイズキャンセリング、外音取り込み機能、風切り音防止機能、着脱で再生/一時停止を行うスマートポーズ機能、タッチコントロール搭載、ANC ONで最大50時間のロングバッテリー、サウンドパーソナライズも使えるSmart Controlアプリ対応、プロテインレザー使用のイヤーパッド、シリコンカバー内蔵のヘッドバンド、ブラック・ホワイトの2色、キャリングケース付属、公開されている仕様・特徴は以上。

価格は38,000円台になるのではないかとのこと。通常版と比べてコーデックはaptX HD→aptX Adaptiveになり、ノイズキャンセリングは上位と同じチップ採用で強化され、機能は色々追加されていて操作はタッチコントールに変更、と強化を感じる部分がいくつもあり。製品自体は言うまでもなく通常版より強化版の方がいいと思いますが、上記の価格で発売されるなら上位モデルの「MOMENTUM 4 Wireless」(AA)がより近くなるわけですから、今の価格差だとこちらを選ぶメリットはあまりないと思うのが正直なところでしょうか。

【関連記事】『SENNHEISER ACCENTUM Plus Wireless』画像など ~色々と強化された廉価シリーズのBluetoothヘッドホン