『サムスン Galaxy Tab A9+』レビューチェック ~30,000円台で買えるエントリーモデルの11インチ Androidタブレット

Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_01.jpg


2023年10月に発売されたサムスンのタブレット「Galaxy Tab A9+」。
日本では現ラインナップの最新モデルでありエントリーモデルである11インチのAndroidタブレット。SoCはSnapdragon 695でメモリは4GBとエントリー機らしいスペックになっていますが、価格もエントリー機らしく抑えられていて安く買える模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Samsung Galaxy Tab A9+(ギャラクシータブ A9+)| Samsung Japan 公式

画像


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_02.jpg


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_03.jpg


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_04.jpg


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_05.jpg


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_06.jpg


Samsung_Galaxy_Tab_A9_Plus_07.jpg

製品仕様


画面サイズ:11インチ
OS:Android 13
解像度:1920x1200
CPU:Snapdragon 695
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
通信機能:IEEE802.11a/b/g/n/ac・Bluetooth 5.1
カメラ:800万画素+500万画素
インターフェイス:USB Type-C/microSD/イヤホンジャック
バッテリー:7040mAh
本体サイズ:257.1x168.7x6.9mm
重量:480g


各所の反応


[1]
「Galaxy Tab A9+」発売。3万円半ばで買える11型タブレット
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1541106.html

ライバルはFire Max 11?実売3万円台の11型Androidタブレット「Galaxy Tab A9+」
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/1548786.html




[2]
A9+いいな
ライトユーザーなら妥協してFireタブレット10買うより
こっち買った方が幸せになれそう




[3]
YouTube見るくらいならA9+で十分?



[4]
>>3
ネトフリやYouTubeだけならそれでいい
俺はTabs9+売ったしA9+買う予定だよ




[5]
Galaxy Tab A9+ はSamsung内でローエンドだけど
ゲームしない人には必要十分な良い製品だと思うよ




[6]
Galaxy Tab A9+買ったよ
動画視聴だけならこれでいいね




[7]
Galaxy Tab A9+ってベンチマーク的にiPad何世代よりは高性能なの?



[8]
>>7
第7世代よりちょっと良くて第8世代より低いくらいかな




[9]
Galaxy Tab A9+便利すぎて気に入っているけど
アプリ複数起動とかだとメモリ的にスペック不足を感じる




[10]
Galaxy Tab A9+、画面も大きくてめっちゃ見やすいよ
YouTubeとかPrime Videoの視聴や漫画と小説を読むのにちょうどいいね




[11]
Galaxy Tab A9+ゲット
主に電子書籍を読むのに使用
動作もあまりもたつくことは無かったので快適に使えそう




[12]
Galaxy Tab A9+買った
ちなLAVIE T11 T1195/BASからの買い替え

画面は画素数の割にキレイで色の出方が正確
ミラーレス一眼で撮った写真のビューワとしても使えそう
操作性もレスポンスも良くてスペックの割に良い
1TB対応のマイクロSDがあるのも嬉しい

本体はLAVIE T11比だけど数値以上に軽く感じる
全体的に洗練されている感もある
画面枠は太めだけどそのぶん持ちやすい
エントリー機でも大手の安心感がある出来






リフレッシュレート90Hzの大型ディスプレイ、2.2GHz+1.8GHzオクタコア構成のSnapdragon 695採用、Dolby Atmos対応のクアッドスピーカー搭載、ストレージを最大1TBまで拡張することが可能なmicroSDカードスロット搭載、各センサー搭載(加速度・ジャイロ・地磁気・ホール・照度)、アプリを複数表示できるなど画面3分割で使用可能、数回タップするだけで他のデバイスにファイルの送信が可能なクイック共有、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ディスプレイは解像度の割にキレイで色の再現も良い、基本動作もスペックの割にレスポンスが速くて良いがアプリを複数起動する時はメモリ不足を感じる、YouTubeなどの動画試聴や電子書籍を見る用途ならこれでも十分、2021年に発売されたNECの「LAVIE T11 T1195/BAS」(AA)から乗り換えでも十分満足できる出来、といった内容。

エントリークラスのAndroidタブレットはこれに限らずどれにも言える事ですが、用途を絞って使うのであれば十分活用できるはず。要は動画や電子書籍それにネットを見るくらいなら何も問題なし、ゲームやマルチタスクの使用も考えているなら一つ上のクラスを買った方が後悔しないかと。でもAndroidタブレットの最大手と言えるGalaxyの製品なら低価格帯の中でも安心感が確かに違うでしょうね。「Galaxy Tab A9+」は現在35,000円台で販売されています。